WOOLRICH

 WOOLRICHの歴史

ジョン・リッチが、1830年に創業。

イギリスから移り、ペンシルバニア州にアメリカ最初の毛織工場を設立。

当初は、野営地を転々としながら馬車で生地を売り歩いていたが、やがてソックスや膝掛けなどの自社製品を開発する。

南北戦争中は北軍の為にブランケットを製造、その後ハンター用ジャケットやパンツなどの多くの新製品を生み出す。

1800年半ばに開発された、ハンターの誤射を防ぐ「バッファローチェックシャツ」、
1970年、アラスカからアメリカへの天然ガスパイプラインを引く際の作業着として開発された「アークティックパーカー」は、現在でもブランドのアイコンとなっている。

2006年、新ライン WOOLRICH WOOLEN MILLSをスタート。
ENGINEERED GARMENTSの鈴木大器がデザイナーに就任。

 

鈴木大器 / Daiki Suzuki

鈴木大器 Daiki Suzuki

http://www.jacketrequired.jp

1962年、日本 青森生まれ。

バンタンデザイン研究所ファッションデザイン科卒業。
1989年、ネペンテスの企画に参加。

1999年、ENGINIEERED GARMENTSをスタート。

2006年、WOOLRICH WOOLEN MILLSのデザイナーに就任。
2011年に退任。

2008年、CFDAメンズ新人デザイナー賞にて最優秀賞を受賞し、Levisとのコラボレーションが決定。

2016年、NEW ENGLAND OUTWEARとのコラボレーションで、シューズ、キャンプモカシンを発表。

2017年、Dr.Martensとコラボレーションを行う。

 

Mark McNairy / マーク・マクナイリー

Mark McNairy

http://benkulo.com

アメリカ生まれ。

Supremeのパタンナーとしても活躍し、
2005年から2009年まで、J.PRESSのクリエイティブ ディレクターを務める。

2008年、シューズブランドとしてMark McNairy New Amsterdamを設立。

2009年、G.H.Bassとのコラボレーションシューズを発表。

2010年、Mark McNairy New Amsterdamのメンズウェアをスタート。

同年、アメリカの老舗シューズブランド WALK-OVERのディレクターに就任。

2011年、WOOLRICH WOOLEN MILLSのデザイナーに就任。

アイウェアブランド GLCO(GARRETT LEIGHT CALIFORNIA OPTICAL)、ENGINNERED GARMENTS、CASH CAの倉石一樹によるコンセプトショップ「HEATHER GREY WALL」とのコラボレーションも行う。

 







PICK UP

CELINE セリーヌ ロゴ

CELINE

セリーヌ・ヴィピアナが、1945年、皮革の子供靴専門店を開いたことが始まり。

皮職人の技術を用い、丁寧に製造された靴は上流階級を中心にたちまち広まり、子どもたちの成長に伴って顧客が増加。

Kansai yamamoto ヤマモトカンサイ ロゴ

KANSAI YAMAMOTO

1944年、日本 神奈川生まれ。

1971年、ロンドンにおいて日本人として初めてファッション・ショーを開催、世界の舞台に踊り出た。

UNDERCOVER アンダーカバー ロゴ

UNDERCOVER

高橋盾が1989年に立ち上げた。

1969年、日本 群馬生まれ。
文化服装学院に入学、在学中に一之瀬弘法とともにUNDERCOVERを立ち上げる。

Alexander van slobbe アレキサンダー ヴァン スロべ ロゴ

SO by alexander van slobbe

アレクサンダー・ヴァン・スロベは、1959年、オランダ ロッテルダム生まれ。

1984年、オランダのアーネム芸術アカデミーを卒業。

UNDERCOVERのアシスタントを経て、

KENZO ケンゾー ロゴ

KENZO

高田賢三は、1939年、日本 兵庫生まれ。

神戸外国語大学在学中に文化服装学院が男子生徒の募集を開始したため、中退して文化服装学院に入学。