Schott ショット

Schottの歴史

アーヴィン・ショットとジャック・ショット兄弟が、1913年、創業。
当初はレインコートをつくる工場として始まる。

1928年、世界初のフロントジッパーを採用したライダースジャケット「Perfecto」シリーズを発売。

第2次世界大戦の頃には、アメリカ空軍にボマージャケットを、海軍にはピーコートを納入。
戦後もN-3Bフィールドジャケットなどをアメリカ軍や警察へ納入した。

1950年代には、「One Star」を発売。

マーロン・ブランドやジェームス・ディーンといった若きスターたちが着用したことから人気になり、世界中に認知される。

創業から100年間以上たった今でもアメリカ製造にこだわり、「CRAFTED WITH PRIDE IN USA」の文字が記されている。

 







PICK UP

CELINE セリーヌ ロゴ

CELINE

セリーヌ・ヴィピアナが、1945年、皮革の子供靴専門店を開いたことが始まり。

皮職人の技術を用い、丁寧に製造された靴は上流階級を中心にたちまち広まり、子どもたちの成長に伴って顧客が増加。

Number (N)ine ナンバーナイン ロゴ

Number (n)ine

宮下貴裕が、1996年に設立。

1973年、日本 東京生まれ。
ネペンテスで企画、バイヤーを務める。

NEWERA ニューエラ ロゴ

NEW ERA

エルハルド・クックが1920年に、E・KOCH CAP社を設立。

1922年、社名をNEW ERA CAPに変更。

1934年、ニューエラとして初のプロ用ベースボールキャップを、

Zucca ズッカ ロゴ

ZUCCa

小野塚秋良が、1988年に設立した。

1950年、日本生まれ。
1973年、杉野ドレスメーカー学院を卒業後、

nonnative ノンネイティブ ロゴ

nonnative

サーフェン智が、1999年に設立。

2001年、現デザイナーの藤井隆行が入社。

2005年、東京、代官山に直営店でありセレクトショップ「vender」をオープン。