PENDLETON ペンドルトン

PNEDLETONの歴史

1863年、トーマス・ケイが、イギリスからアメリカ・オレゴン州に毛織物工場支援のために移住する。

1876年、娘のファニーが小売商のビショップと結婚。
小売り業も手掛け始める。

1889年、オレゴン州セイラムに自分の毛織物工場を設立。

1893年、ペンドルトン郡に、出荷前に原毛を洗浄する羊毛精錬工場を設立。
貨物運賃の値上がりにより、事業はすぐに不採算となる。

1909年、ビショップの3人の息子たちが、ペンドルトン工場を刷新。
ネイティブパターンのブランケットを製造を始める。

1912年には、ワシントン州ワシューガルに新たに織布工場を構え、スーツ地などの薄手の生地の製造を始める。

1924年、バージン ウールシャツを発売。

第二次世界大戦中はアメリカ軍用の軍服やブランケット、寝袋を製造。

1949年にレディースのジャケット、
1956年に、リバーシブルのプリーツスカートを発表。

1960年には、洗濯できるウールを発表。

1972年、非ウール製メンズウェアとレディースウェアの展開。

1984年に、小売部門を設立。子供用のサイズや体の大きな人用のサイズも展開する。

2009年、ブランド設立100周年を迎える。

NIKEJUNYA WATANABETimberlandNEW ERA、THE NORTH FACE、Levis、等コラボレーションも多く展開している。

 







PICK UP

Champion チャンピオン ロゴ

Champion

1919年、サイモン・フェインブルームが、”ニッカーボッカー・ニッティング・カンパニー”を設立。

1920年、サイモンの没後、

Timberland ティンバーランド ロゴ

Timberland

ネイサン・シュワーツが、1918年、マサチューセッツ州ボストンに小さな靴屋を開業したことが始まり。

1955年、「アビントン・シュー・カンパニー」の株式を取得し、

Schott ショット ロゴ

Schott

アーヴィン・ショットとジャック・ショット兄弟が、1913年、創業。
当初はレインコートをつくる工場として始まる。

1928年、世界初のフロントジッパーを採用した

JUNKO KOSHINO ジュンココシノ

JUNKO KOSHINO

コシノ ジュンコは、日本 大阪生まれ。
姉コシノ ヒロコ、妹コシノ ミチコと共に、コシノ3姉妹としてしられる。

文化服装学院に入学。

PUMA プーマ ロゴ

PUMA

ルドルフ・ダスラーが1948年に創業。

ドイツ ヘルツォーゲンアウラッハ生まれ。
1920年に弟アドルフ・ダスラーとともに「ダスラー兄弟商会」を設立する。