PENDLETON ペンドルトン

PNEDLETONの歴史

1863年、トーマス・ケイが、イギリスからアメリカ・オレゴン州に毛織物工場支援のために移住する。

1876年、娘のファニーが小売商のビショップと結婚。
小売り業も手掛け始める。

1889年、オレゴン州セイラムに自分の毛織物工場を設立。

1893年、ペンドルトン郡に、出荷前に原毛を洗浄する羊毛精錬工場を設立。
貨物運賃の値上がりにより、事業はすぐに不採算となる。

1909年、ビショップの3人の息子たちが、ペンドルトン工場を刷新。
ネイティブパターンのブランケットを製造を始める。

1912年には、ワシントン州ワシューガルに新たに織布工場を構え、スーツ地などの薄手の生地の製造を始める。

1924年、バージン ウールシャツを発売。

第二次世界大戦中はアメリカ軍用の軍服やブランケット、寝袋を製造。

1949年にレディースのジャケット、
1956年に、リバーシブルのプリーツスカートを発表。

1960年には、洗濯できるウールを発表。

1972年、非ウール製メンズウェアとレディースウェアの展開。

1984年に、小売部門を設立。子供用のサイズや体の大きな人用のサイズも展開する。

2009年、ブランド設立100周年を迎える。

NIKEJUNYA WATANABETimberlandNEW ERA、THE NORTH FACE、Levis、等コラボレーションも多く展開している。

 







PICK UP

SWAGGER スワッガー ロゴ

SWAGGER

IGNITION MAN(井口秀浩)、BIG-O(オオスミタケシ)の2人が、1999年に立ち上げる。

1993年、井口秀浩、オオスミタケシに、

Number (N)ine ナンバーナイン ロゴ

Number (n)ine

宮下貴裕が、1996年に設立。

1973年、日本 東京生まれ。
ネペンテスで企画、バイヤーを務める。

DOLCE&GABBANA ドルチェ&ガッバーナ ロゴ

DOLCE&GABBANA

ドメニコ・ドルチェが、ステファノ・ガッバーナのオフィスで働き始めたことが始まり。

ドメニコ・ドルチェは1958年、イタリア シチリア州生まれ。

ALEXANDER McQUEEN アレキサンダー マックイーン ロゴ

ALEXANDER McQUEEN

アレキサンダー・マックイーンは、1969年、イギリス ロンドン生まれ。

ギーブス&ホークス、アンダーソン&シェパード、ロメオ・ジリ等でキャリアを積み、バーマンズ&ネイサンズで舞台衣装の製作も手がける。

Gramicci グラミチ ロゴ

GRAMICCI

ロッククライマーのマイク・グラハムが、1982年に立ち上げる。

伝説のクライマー集団「THE STONEMASTERS」の一員として、
1970年代にカリフォルニアのヨセミテを中心に数々のルートを開拓。