Patagonia パタゴニア

patagoniaの歴史

Yvon Chouinard イヴォン シュイナード

http://www.oni-tenkara.com

イヴォン・シュイナードが、1970年に、「グレートパシフィック・アイアンワークス」をオープンしたことが始まり。

14歳からクライミングを始め、
1957年から、その経験を生かしてギア作り、徐々に販売もスタート。

間もなく、カリフォルニア州バーバンクにあるシュイナードの両親が暮らす家の裏庭に、小さな作業所を設置して、本格的なギアの製造を開始。

やがて急速に需要を増し、手作りでは製造が追い付かなくなると、
1965年、トム・フロストとパートナーシップを結び、「シュイナード・イクイップメント」を設立。

1970年、クライミングウェアとして、頑丈でポップなデザインのラグビーシャツが好評となり、アンブロ社から取り寄せを始める。

1973年、衣料品の輸入業・製造販売を開始。
衣料品のブランド名として南米の地名である patagoniaを採用した。

1979年、グレートパシフィック・アイアンワークスの衣料品部門を法人化しパタゴニアとして分離。

1985年 、モルデン・ミルズと共同開発で「シンチラ」を開発。

地球環境の保護にも積極的に取り組み、再生素材、オーガニックコットンを使用するなど、開発、改善、支援活動を行なっている。

 







PICK UP

BOGLIOLI ボリオリ ロゴ

BOGLIOLI

ピエロ・ボリオリが、1890年にイタリアで創業。

1950年に、息子のジュゼッペ・ボリオリが後を継ぎ、当時の最先端技術を導入したアトリエを開設。

WOOLRICH ウールリッチ ロゴ

WOOLRICH

アメリカ生まれ。

Supremeのパタンナーとしても活躍し、
2005年から2009年まで、J.PRESSのクリエイティブ ディレクターを務める。

Burberry バーバリー ロゴ

BURBERRY

トーマス・バーバリーは、1835年、イギリス ハンプシャー生まれ。
1856年、ウィンチェスターストリートに洋服店を開業。

新素材ギャバジンを開発し、

DIRK BIKKEMBERGS ダークビッケンバーグ ロゴ

DIRK BIKKEMBERGS

ダーク ビッケンバーグは、1962年、ドイツ ケルン生まれ。
1981年、アントワープ王立美術アカデミー卒業後、フリーのデザイナーとして活躍。
1984年より、ジャンポール・ゴルチエの下で経験を積む。

Gramicci グラミチ ロゴ

GRAMICCI

ロッククライマーのマイク・グラハムが、1982年に立ち上げる。

伝説のクライマー集団「THE STONEMASTERS」の一員として、
1970年代にカリフォルニアのヨセミテを中心に数々のルートを開拓。