Patagonia パタゴニア

patagoniaの歴史

Yvon Chouinard イヴォン シュイナード

http://www.oni-tenkara.com

イヴォン・シュイナードが、1970年に、「グレートパシフィック・アイアンワークス」をオープンしたことが始まり。

14歳からクライミングを始め、
1957年から、その経験を生かしてギア作り、徐々に販売もスタート。

間もなく、カリフォルニア州バーバンクにあるシュイナードの両親が暮らす家の裏庭に、小さな作業所を設置して、本格的なギアの製造を開始。

やがて急速に需要を増し、手作りでは製造が追い付かなくなると、
1965年、トム・フロストとパートナーシップを結び、「シュイナード・イクイップメント」を設立。

1970年、クライミングウェアとして、頑丈でポップなデザインのラグビーシャツが好評となり、アンブロ社から取り寄せを始める。

1973年、衣料品の輸入業・製造販売を開始。
衣料品のブランド名として南米の地名である patagoniaを採用した。

1979年、グレートパシフィック・アイアンワークスの衣料品部門を法人化しパタゴニアとして分離。

1985年 、モルデン・ミルズと共同開発で「シンチラ」を開発。

地球環境の保護にも積極的に取り組み、再生素材、オーガニックコットンを使用するなど、開発、改善、支援活動を行なっている。

 







PICK UP

Number (N)ine ナンバーナイン ロゴ

Number (n)ine

宮下貴裕が、1996年に設立。

1973年、日本 東京生まれ。
ネペンテスで企画、バイヤーを務める。

MOSCHINO モスキーノ ロゴ

MOSCHINO

フランシスコ・モスキーノは、1950年、イタリア アッビアテグラッソ生まれ。
14歳から高級仕立屋のイザベラ・モイランディで働き、その後、ミラノの芸術アカデミーに入学して美術を学んで卒業。

PENDLETON ペンドルトン ロゴ

PENDLETON

1863年、トーマス・ケイが、イギリスからアメリカ・オレゴン州に毛織物工場支援のために移住する。

1876年、娘のファニーが小売商のビショップと結婚。

Schott ショット ロゴ

Schott

アーヴィン・ショットとジャック・ショット兄弟が、1913年、創業。
当初はレインコートをつくる工場として始まる。

1928年、世界初のフロントジッパーを採用した

FRED PERRY フレッドペリー ロゴ

FRED PERRY

フレデリック・ジョン・ペリーが、1952年に設立。

1909年、イングランド ストックポート生まれ。

卓球の選手として活躍した後に、テニスの選手に転向。