le coq sportifの歴史

1882年、エミール・カミュゼが前身であるメリヤス衣料製造業を創設。

初めてスポーツ競技用ウェアを製造し、クオリティの高さで徐々にファンを増やす。

1948年、le coq sportifと鶏のロゴが誕生。

1951年、ツールドフランスにウェアが採用される。
1966年、ツールドフランスのサプライヤーとしてロゴが使用される。

2007年、ハイエンドライン le coq sportif Platinumをスタート。

現在でも、ツールドフランスを初め、オリンピック、サッカー、テニス、ゴルフ様々なスポーツシーンで採用されている。

 







PICK UP

Mila schon ミラショーン ロゴ

mila schon

ミラ・ショーンは、1916年、ユーゴスラビア ダルマティア(現クロアチア)生まれ。

BALENCIAGAや、Christian Diorで服を仕立てるなど、貴族階級の家系で育つ。
1958年、ミラノにて小さなアトリエを開設。

Eddie Bauer エディー バウアー ロゴ

Eddie Bauer

エディー・バウアーは、1899年、アメリカ・シアトル近郊のオルカス島生まれ。

1920年、シアトルにテニスショップをオープン。

Jean Paul GAULTIER ジャンポール ゴルチエ ロゴ

Jean Paul GAULTIER

ジャンポール・ゴルチエは、1952年、フランス パリ生まれ。

独学でファッションを学び、デザインのスケッチを送ったことをきっかけにピエール・カルダンに認められてメゾンに入る。

Paul Smith ポールスミス ロゴ

Paul Smith

ポール・スミスは、1946年、イギリス ノッティンガム生まれ。

1970年、セレクトショップとしてスタート。
徐々に自分自身のブランドを始め、ロゴ入りシャツなどの販売を開始する。

Patagonia パタゴニア ロゴ

patagonia

イヴォン・シュイナードが、1970年に、「グレートパシフィック・アイアンワークス」をオープンしたことが始まり。

14歳からクライミングを始め、