GIORGIO ARMANI ジョルジオ アルマーニ

GIORGIO ARMANINの歴史

GIORGIO ARMANI

http://openers.jp

ジョルジオ・アルマーニは、1934年、イタリア ピアチェンツァ生まれ。
ミラノ大学医学部に入学したが、兵役に入った後は医学の道に戻らずビジネスの世界へ。

1957年から64年までミラノの百貨店でウィンドウドレッサー・バイヤーを務める。

1965年、CERRUTIのメンズウェア「ヒットマン」のデザイナーに就任。

1970年、独立し、フリーランスのデザイナーとして活躍。

1975年、セルジオ・ガレオッティと共にGIORGIO ARMANI社を設立。

1979年、エレウノのデザイナーに就任。

1981年、ディフュージョンライン EMPORIO ARMANIをスタート。

80年代後半、ソフトスーツを考案して大ブームを起こし、紳士服のパターンを活かした婦人服で、いわゆる「キャリアウーマン」をリード。

1991年、A|X ARMANI EXCHANGEをスタート。

2005年より、パリ オートクチュール・コレクション、ARMANI PRIVE をスタート。

アパレル、アクセサリーのほか、インテリア家具、化粧品、リゾートホテル、レストランと幅広く展開している。

 







PICK UP

Le coq sportif ルコックスポルティフ ロゴ

le coq sportif

1882年、エミール・カミュゼが前身であるメリヤス衣料製造業を創設。

初めてスポーツ競技用ウェアを製造し、クオリティの高さで徐々にファンを増やす。

1948年、le coq sportifと鶏のロゴが誕生。

GUCCI グッチ ロゴ

GUCCI

グッチオ・グッチは、1881年、イタリア フィレンツェ生まれ。
1923年、「GUCCI」をオープン。旅行鞄と馬具の製造販売と修理を行う。
乗馬をテーマにしたコレクションが人気を集め、

STONE ISLAND ストーンアイランド ロゴ

STONE ISLAND

マッシモ・オスティが1982年に設立。

ミリタリーウェアの持つ機能や素材にいち早く着目し、カジュアルウェアのデザイン、素材開発、製品染めを先駆けて行う。

Champion チャンピオン ロゴ

Champion

1919年、サイモン・フェインブルームが、”ニッカーボッカー・ニッティング・カンパニー”を設立。

1920年、サイモンの没後、

Number (N)ine ナンバーナイン ロゴ

Number (n)ine

宮下貴裕が、1996年に設立。

1973年、日本 東京生まれ。
ネペンテスで企画、バイヤーを務める。