GIANFRANCO FERRE ジャンフランコ フェレ

GIANFRANCO FERREの歴史

http://ecodiario.eleconomista.es

ジャンフランコ・フェレは、1944年、イタリア ルガーノ生まれ。

1969年、ミラノ工科大学建築学科を卒業。
アクセサリーデザインからキャリアをスタートする。

1974年、初のプレタポルテコレクションを発表。

1978年、GIANFRANCO FERRE レディースコレクションを発表。
1982年には、メンズコレクションを発表。

1989年、Christian Diorのクリエイティブ ディレクターに就任。
1996年に退任した。(後任はジョン・ガリアーノ。)

2007年、脳内出血により、死去。

ミラノの「3G」の1人として称えられ、故ジャンニ・ヴェルサーチ、ジョルジオ・アルマーニとともに1980年代後半のミラノのモードシーンを牽引した。

後任デザイナーには、ラーズ・ニルソンが就任した。

 

Lars Nilsson / ラーズ・ニルソン

http://se.fashionnetwork.com

ラーズ・ニルソンは、1967年、スウェーデン生まれ。

パリのシャンブル・サンディカル・ドゥ・ラ・クチュールを卒業。

CHANELでインターンとして勤めた後、
クリスチャン・ラクロワでオートクチュールのシニアデザイナー、
Christian Diorでオートクチュールのコーディネーターを経験。

ニューヨークでRALPH LAURENのレディースコレクションを手掛けた後、
ビル・ブラスのクリエイティブ ディレクターに就任。

2003年、NINA RICCIのクリエイティブ ディレクターに就任。
2006年に退任。

2007年、GIANFRANCO FERREのクリエイティブ ディレクターに就任。
1シーズンで退任。(後任はトマソ・アキラーノとロベルト・リモンディ。

 

Tommaso Aquilano / トマソ・アキラーノ
Roberto Rimondi / ロベルト・リモンディ

http://jeffybruce.blogspot.jp

トマソ・アキラーノは、イタリア プッリャ生まれ。
ローマ ファッションアカデミーを卒業。

ロベルト・リモンディは、イタリア ボローニャ生まれ。
イスティテュート・カルロ・セコリを卒業。

二人は1988年に出会い、VOGUEがスポンサーを行う「Who’s on Next」で優勝。

MaxMaraで経験を積み、
2005年に「6267」を設立。

2007年、Maloのクリエイティブ ディレクターに就任。
2008年に退任。

2008年、GIANFRANCO FERREのレディース クリエイティブ ディテクターに就任。

2009年、メンズのクリエイティブ ディレクターも担当する。
2011年に退任。(後任はステファノ・キトロンとフェデリコ・ピアッジ。)

 

Stefano Citron / ステファノ・キトロン
Federico Piaggi / フェデリコ・ピアッジ

http://velvetstyle.it

 

2011年に、GIANFRANCO FERREのクリエイティブ ディレクターに就任。
2014年に退任。

以降、ライセンス事業が中心でブランドは積極的な活動を行っていない。

 







PICK UP

Alexander van slobbe アレキサンダー ヴァン スロべ ロゴ

SO by alexander van slobbe

アレクサンダー・ヴァン・スロベは、1959年、オランダ ロッテルダム生まれ。

1984年、オランダのアーネム芸術アカデミーを卒業。

UNDERCOVERのアシスタントを経て、

KENZO ケンゾー ロゴ

KENZO

高田賢三は、1939年、日本 兵庫生まれ。

神戸外国語大学在学中に文化服装学院が男子生徒の募集を開始したため、中退して文化服装学院に入学。

RALPH LAUREN ラルフローレン ロゴ

RALPH LAUREN

ラルフ・ローレンは、1939年、アメリカ ニューヨーク生まれ。

ブルックスブラザーズでのセールスマンの経験を活かし、
1967年、ネクタイのブランド POLO を立ち上げる。

Yves Saint Laurent イヴサンローラン ロゴ

Yves Saint Laurent

イヴ・サン ローランは、1936年、フランス領アルジェリア オラン生まれ。

17歳でパリのオートクチュール組合経営のシャンブル・サンディカ・ファッションスクールに入学。

prada プラダ ロゴ

PRADA

兄弟のマリオ・プラダ、フラテッリ・プラダが、1913年に、ミラノに皮革製品店を開業。
世界中から質の高い革や珍しい素材を集め、