FENDI フェンディ

FENDIの歴史

https://www.collegefashion.net

 

エドアルド・フェンディと妻アデーレが、1925年、毛皮工房を併設した革製品店をオープンさせたのが始まり。

ハリウッドで流行していた毛皮の襟巻きに着目し、毛皮のコートを売り出したことで成功する。

1946年より、5人の娘のうちの長女、パオラが仕事に関わり、アンナ、フランカ、カルラ、アルダの4人の妹もそれに続き、アドーレの後を受け継ぐ。

1965年、カール・ラガーフェルドがクリエイティブ ディレクターに就任。

1969年には、毛皮コートのプレタポルテを発表。

1997年には、アイコンバッグとなる「バゲット」を発表。

毛皮、バッグの他にも服飾、香水、アクセサリー、サングラス、インテリアアイテム、ブティックホテル、文化遺産保護プロジェクト等、幅広く展開している。

カール・ラガーフェルドは就任以来、50年以上に渡りレディースコレクションを担当、
メンズコレクションは、シルヴィア・べントゥリーニ・フェンディが担当している。

 

Karl Lagerfeld / カール・ラガーフェルド

http://en.vogue.fr

1938年、ドイツ ハンブルク生まれ。

1954年、IWS(国際羊毛事務局)主催のコンクール コート部門で優勝。
翌年、17歳の若さでPIERRE BALMAINで働き始め、1958年にジャン・パトゥへ移籍。

その後、KRIZIA、シャルル・ジョルダン、Valentinoを渡り歩歩き、
1963年に独立し、プレタポルテ コレクションを発表。

1964年には、Choloeと契約。

1965年、FENDIのクリエイティブ ディレクターに就任。

1983年にCHANELのデザイナーに就任。
自身のブランドKARL LAGERFELDも立ち上げた。

1988年、Choleのデザイナーを退任するが、
1992年、再度デザイナーに復帰し、1997年に退任。

現在でもFENDI、CHANELのレディースウェア ディレクターを兼任し、最前線で活躍している。

 

Silvia Venturini Fendi / シルヴィア・ベントゥリーニ・フェンディ

https://www.wmagazine.com

創業者アデーレ・フェンディ、エドアルド・フェンディ夫妻の孫。

1987年に、FENDI SSIMEラインのクリエイティブ ディレクターに就任。

1994年にレザーグッズの責任者となる。

1997年には伝説となるバッグ「バゲット」をデザイン。

2010年よりキッズ ウェアのクリエイティヴ ディレクターも兼任している。

 







PICK UP

Supreme シュプリーム ロゴ

Supreme

ジェームズ・ジェビアが1994年に設立。

1990年、アメリカ ウェストヴァージニア生まれ。
19歳までイギリスで過ごし、帰国後、セレクトショップに務める。

SWAGGER スワッガー ロゴ

SWAGGER

IGNITION MAN(井口秀浩)、BIG-O(オオスミタケシ)の2人が、1999年に立ち上げる。

1993年、井口秀浩、オオスミタケシに、

STEPHAN SCHNEIDER ステファンシュナイダー ロゴ

STEPHAN SCHNEIDER

ステファン シュナイダーは、1969年、ドイツ デュースブルク生まれ。

1990年に、アントワープ王立美術アカデミーに入学し、
1994年に主席で卒業。

Mila schon ミラショーン ロゴ

mila schon

ミラ・ショーンは、1916年、ユーゴスラビア ダルマティア(現クロアチア)生まれ。

BALENCIAGAや、Christian Diorで服を仕立てるなど、貴族階級の家系で育つ。
1958年、ミラノにて小さなアトリエを開設。

KENZO ケンゾー ロゴ

KENZO

高田賢三は、1939年、日本 兵庫生まれ。

神戸外国語大学在学中に文化服装学院が男子生徒の募集を開始したため、中退して文化服装学院に入学。