FENDI フェンディ

FENDIの歴史

https://www.collegefashion.net

 

エドアルド・フェンディと妻アデーレが、1925年、毛皮工房を併設した革製品店をオープンさせたのが始まり。

ハリウッドで流行していた毛皮の襟巻きに着目し、毛皮のコートを売り出したことで成功する。

1946年より、5人の娘のうちの長女、パオラが仕事に関わり、アンナ、フランカ、カルラ、アルダの4人の妹もそれに続き、アドーレの後を受け継ぐ。

1965年、カール・ラガーフェルドがクリエイティブ ディレクターに就任。

1969年には、毛皮コートのプレタポルテを発表。

1997年には、アイコンバッグとなる「バゲット」を発表。

毛皮、バッグの他にも服飾、香水、アクセサリー、サングラス、インテリアアイテム、ブティックホテル、文化遺産保護プロジェクト等、幅広く展開している。

カール・ラガーフェルドは就任以来、50年以上に渡りレディースコレクションを担当、
メンズコレクションは、シルヴィア・べントゥリーニ・フェンディが担当している。

 

Karl Lagerfeld / カール・ラガーフェルド

http://en.vogue.fr

1938年、ドイツ ハンブルク生まれ。

1954年、IWS(国際羊毛事務局)主催のコンクール コート部門で優勝。
翌年、17歳の若さでPIERRE BALMAINで働き始め、1958年にジャン・パトゥへ移籍。

その後、KRIZIA、シャルル・ジョルダン、Valentinoを渡り歩歩き、
1963年に独立し、プレタポルテ コレクションを発表。

1964年には、Choloeと契約。

1965年、FENDIのクリエイティブ ディレクターに就任。

1983年にCHANELのデザイナーに就任。
自身のブランドKARL LAGERFELDも立ち上げた。

1988年、Choleのデザイナーを退任するが、
1992年、再度デザイナーに復帰し、1997年に退任。

現在でもFENDI、CHANELのレディースウェア ディレクターを兼任し、最前線で活躍している。

 

Silvia Venturini Fendi / シルヴィア・ベントゥリーニ・フェンディ

https://www.wmagazine.com

創業者アデーレ・フェンディ、エドアルド・フェンディ夫妻の孫。

1987年に、FENDI SSIMEラインのクリエイティブ ディレクターに就任。

1994年にレザーグッズの責任者となる。

1997年には伝説となるバッグ「バゲット」をデザイン。

2010年よりキッズ ウェアのクリエイティヴ ディレクターも兼任している。

 







PICK UP

SILAS サイラス ロゴ

SILAS

ソフィア・マリア・プランテラが、1998年に設立。

イタリア ローマ生まれ。

セントマーチンズを卒業後、

Lee リー ロゴ

Lee

ヘンリー・デヴィッド・リーが1889年に、食品と生活雑貨の卸商H.D.Lee Companyを設立する。

1911年、自社工場でのワークウェアの本格的な生産を開始

Schott ショット ロゴ

Schott

アーヴィン・ショットとジャック・ショット兄弟が、1913年、創業。
当初はレインコートをつくる工場として始まる。

1928年、世界初のフロントジッパーを採用した

Zucca ズッカ ロゴ

ZUCCa

小野塚秋良が、1988年に設立した。

1950年、日本生まれ。
1973年、杉野ドレスメーカー学院を卒業後、

PHENOMENON フェノメノン ロゴ

PHENOMENON

オオスミタケシが、2004年に立ち上げる。

1974年、日本 静岡生まれ。

1993年、ヒップホップグループSHAKKAZOMBIEを結成。