chanel シャネル

CHANELの歴史

Coco Chanel ココ シャネル

https://www.vogue.com

ココ・シャネル(本名 ガブリエル・シャネル)は、1883年、フランス オーベルジュ生まれ。

1910年、パリに帽子のアトリエ「CHANEL MODE」開業。
1916年に発表した、オートクチュールコレクションのジャージー素材を使用したドレスが話題となり、1921年に発売されたシャネル初の香水「No.5」のビジネス展開により、大企業へと成長していく。

「シャネル・スーツ」「リトル・ブラック・ドレス」などの名作を生み出し、コルセットを捨て、ショルダーバッグを考案、パンツスタイル、ショートカットの普及、「黒」をファッションに取り入れるなど、女性を開放したと評されるココ・シャネルはファッションの歴史を大きく変え、亡くなる直前まで最前線で活躍し続けた。

その後10年近く、CHANELは低迷期を迎えるが、ブランドの再生を図り、
1983年にカール・ラガーフェルドがアーティスティック・ディレクターに就任。
ブランドを作り直すのではなく、ココ・シャネルを再生するという偉業を成し遂げ、現在でもCHANELを牽引している。

 

カール・ラガーフェルド

http://en.vogue.fr

1938年、ドイツ ハンブルク生まれ。

1954年、IWS(国際羊毛事務局)主催のコンクール コート部門で優勝。
翌年、17歳の若さでPIERRE BALMAINで働き始め、1958年にジャン・パトゥへ移籍。

その後、KRIZIA、シャルル・ジョルダン、Valentinoを渡り歩歩き、
1963年に独立し、プレタポルテ コレクションを発表。

1964年には、Choloeと契約。
1965年、FENDIのクリエイティブ ディレクターに就任。

1983年にCHANELのデザイナーに就任。

自身のブランドKARL LAGERFELDも立ち上げた。

1988年、Choleのデザイナーを退任するが、
1992年、再度デザイナーに復帰し、1997年に退任。

現在でもFENDI、CHANELのレディースウェア ディレクターを兼任し、最前線で活躍している。

 

歴代デザイナー

 

WOMENS MENS
1916~ ココ・シャネル
1983~ カール・ラガーフェルド(MENS 設立年不明)







PICK UP

Timberland ティンバーランド ロゴ

Timberland

ネイサン・シュワーツが、1918年、マサチューセッツ州ボストンに小さな靴屋を開業したことが始まり。

1955年、「アビントン・シュー・カンパニー」の株式を取得し、

DOLCE&GABBANA ドルチェ&ガッバーナ ロゴ

DOLCE&GABBANA

ドメニコ・ドルチェが、ステファノ・ガッバーナのオフィスで働き始めたことが始まり。

ドメニコ・ドルチェは1958年、イタリア シチリア州生まれ。

Alexander van slobbe アレキサンダー ヴァン スロべ ロゴ

SO by alexander van slobbe

アレクサンダー・ヴァン・スロベは、1959年、オランダ ロッテルダム生まれ。

1984年、オランダのアーネム芸術アカデミーを卒業。

UNDERCOVERのアシスタントを経て、

DRIES VAN NOTEN ドリスヴァンノッテン

DRIES VAN NOTEN

ドリス・ヴァン・ノッテンは、1958年、ベルギー アントワープ生まれ。

77年、アントワープ王立美術アカデミーのデザイン科に入学。
在学中に、フリーランスとしてデザインを手がけ、

Zucca ズッカ ロゴ

ZUCCa

小野塚秋良が、1988年に設立した。

1950年、日本生まれ。
1973年、杉野ドレスメーカー学院を卒業後、