WOOLRICH

 WOOLRICHの歴史

ジョン・リッチが、1830年に創業。

イギリスから移り、ペンシルバニア州にアメリカ最初の毛織工場を設立。

当初は、野営地を転々としながら馬車で生地を売り歩いていたが、やがてソックスや膝掛けなどの自社製品を開発する。

南北戦争中は北軍の為にブランケットを製造、その後ハンター用ジャケットやパンツなどの多くの新製品を生み出す。

1800年半ばに開発された、ハンターの誤射を防ぐ「バッファローチェックシャツ」、
1970年、アラスカからアメリカへの天然ガスパイプラインを引く際の作業着として開発された「アークティックパーカー」は、現在でもブランドのアイコンとなっている。

2006年、新ライン WOOLRICH WOOLEN MILLSをスタート。
ENGINEERED GARMENTSの鈴木大器がデザイナーに就任。

 

鈴木大器 / Daiki Suzuki

鈴木大器 Daiki Suzuki

http://www.jacketrequired.jp

1962年、日本 青森生まれ。

バンタンデザイン研究所ファッションデザイン科卒業。
1989年、ネペンテスの企画に参加。

1999年、ENGINIEERED GARMENTSをスタート。

2006年、WOOLRICH WOOLEN MILLSのデザイナーに就任。
2011年に退任。

2008年、CFDAメンズ新人デザイナー賞にて最優秀賞を受賞し、Levisとのコラボレーションが決定。

2016年、NEW ENGLAND OUTWEARとのコラボレーションで、シューズ、キャンプモカシンを発表。

2017年、Dr.Martensとコラボレーションを行う。

 

Mark McNairy / マーク・マクナイリー

Mark McNairy

http://benkulo.com

アメリカ生まれ。

Supremeのパタンナーとしても活躍し、
2005年から2009年まで、J.PRESSのクリエイティブ ディレクターを務める。

2008年、シューズブランドとしてMark McNairy New Amsterdamを設立。

2009年、G.H.Bassとのコラボレーションシューズを発表。

2010年、Mark McNairy New Amsterdamのメンズウェアをスタート。

同年、アメリカの老舗シューズブランド WALK-OVERのディレクターに就任。

2011年、WOOLRICH WOOLEN MILLSのデザイナーに就任。

アイウェアブランド GLCO(GARRETT LEIGHT CALIFORNIA OPTICAL)、ENGINNERED GARMENTS、CASH CAの倉石一樹によるコンセプトショップ「HEATHER GREY WALL」とのコラボレーションも行う。

 







PICK UP

givenchy ジバンシィ ロゴ

GIVENCHY

ユベール・ド・ジバンシィは、1927年、フランス パリ生まれ。
ジャック・ファット、ロベール・ピゲ、リュシアン・ルロン、スキャパレリで経験を積む。

N.HOOLYWOODD エヌハリウッド ロゴ

N.HOOLYWOOD

尾花大輔が2000年に立ち上げる。

1974年、日本 神奈川生まれ。
古着屋「VOICE」で働いた後、古着屋「go-getter」の立ち上げに参加。

Jean Paul GAULTIER ジャンポール ゴルチエ ロゴ

Jean Paul GAULTIER

ジャンポール・ゴルチエは、1952年、フランス パリ生まれ。

独学でファッションを学び、デザインのスケッチを送ったことをきっかけにピエール・カルダンに認められてメゾンに入る。

Vivienne Westwood ヴィヴィアンウェストウッド ロゴ

Vivienne Westwood

ヴィヴィアン・ウェストウッドは、1941年、イギリス ダービーシャー生まれ。

1971年、大学時代に出会ったマルコム・マクラーレンとブティックをオープン。
マルコム・マクラーレンのデザインした服を製造、販売を始める。

Gramicci グラミチ ロゴ

GRAMICCI

ロッククライマーのマイク・グラハムが、1982年に立ち上げる。

伝説のクライマー集団「THE STONEMASTERS」の一員として、
1970年代にカリフォルニアのヨセミテを中心に数々のルートを開拓。