Tommy hilfiger トミー ヒルフィガー

TOMMY HILFIGERの歴史

https://www.hollywoodreporter.com

トミー・ヒルフィガーは1951年、アメリカ ニューヨーク生まれ。

高校時代に二人の友人と150ドルの資金をもとに20本のジーンズを売ったことでアパレルの道をスタートさせる。

1969年、ニューヨーク州北部で「ピープルズ プレイス」という名のショップをオープン。
1976年に倒産。

人々の求める服が調達できないと感じており、自らデザインすることを決意。

1979年にフリーのデザイナーとして活躍。

1984年、TOMMY HILFIGERを設立。
1985年に、コレクションを発表し、一躍名を広める。

洋服だけではなく、アクセサリーやファッション雑貨、インテリア雑貨なども広く取り揃えるプレミアムライフスタイルブランドへと成長している。

2017年には、VETEMENTSとのコラボレーションを発表した。







PICK UP

DIESEL ディーゼル ロゴ

DIESEL

レンツォ・ロッソとアドリアーノ・ゴールドシュミットが、1978年に設立。

1979年、初のメンズトータルコレクションを展開。

1984年、キッズライン「DIESELITO」をスタート。

NEWERA ニューエラ ロゴ

NEW ERA

エルハルド・クックが1920年に、E・KOCH CAP社を設立。

1922年、社名をNEW ERA CAPに変更。

1934年、ニューエラとして初のプロ用ベースボールキャップを、

Snugpak スナッグパック ロゴ

Snugpak

1976年にイギリス ヨークシャーで設立した。

1980年に、全天候型の絶縁ジャケットを発明。

1983年には、寝袋を開発、

White Mountaineering ホワイト マウンテニアリング ロゴ

White Mountaineering

相澤陽介が2006年に設立。

1977年、日本生まれ。
1999年、多摩美術大学の染織デザイン学科を卒業後、コム デ ギャルソンに入社。

nonnative ノンネイティブ ロゴ

nonnative

サーフェン智が、1999年に設立。

2001年、現デザイナーの藤井隆行が入社。

2005年、東京、代官山に直営店でありセレクトショップ「vender」をオープン。