STONE ISLAND ストーンアイランド ロゴ

STONE ISLANDの歴史

Massimo Osti マッシモ オスティ

https://www.gettyimages.co.jp

マッシモ・オスティが1982年に設立。

ミリタリーウェアの持つ機能性や素材にいち早く着目し、カジュアルウェアのデザイン、素材開発、製品染めを先駆けて行う。

1983年に、イタリア・トリノを拠点とする大手繊維メーカーGFTグループと合併。

1993年、GFTグループから独立。
SPORTSWEAR COMPANY SpAを立ち上げ、ストーンアイランドを展開。

1996年にマッシモ オスティがSPORTSWEAR COMPANY SpAから去る。
(2005年に死去。)

後任はポール・ハーヴェイ。

 

Paul Harvey / ポール・ハーヴェイ

Paul Harvey ポール・ハーヴェイ

https://cpcompany.co.jp

イギリス生まれ。
セントラル・セント・マーチンズ大学を卒業後、トラックドライバーとして働く。

結婚を機に、イタリアに移り住むことによって再び服をデザインを始める。

ICI、サボタージュ、モンクレールを経て、
1996年、STONE ISLANDのデザイナーに就任。

1999年にはステンレススチールを使用した「Silver Jacket」、

銅を使用した「Bronze Jacket」を発表。

2008年に退任。(後任は社長のカルロ・リベッティ率いるデザインチーム。)

2012年、C.P.COMPANYのデザイナーに就任。

 

Calro Rivetti / カルロ・リベッティ

Carlo Rivetti カルロ リベッティ

https://www.businessoffashion.com

イタリア生まれ。

1975年、叔父の創業したGFPに参加。
1982年に、マッシモ・オスティにウェアのデザインを依頼したことで、STONE ISLANDが誕生。

現在はSPORTSWEAR COMPANY SpAの社長を務める。

2008年には、ミハエル・サッチェンバッハーとエロルソン・ヒューのデザインチームACRONYMの協力を得てSHADOW PROJECTをスタート。

NIKESupremeなど多くのコラボレーションも行い、注目を集めている。

 







PICK UP

DRIES VAN NOTEN ドリスヴァンノッテン

DRIES VAN NOTEN

ドリス・ヴァン・ノッテンは、1958年、ベルギー アントワープ生まれ。

77年、アントワープ王立美術アカデミーのデザイン科に入学。
在学中に、フリーランスとしてデザインを手がけ、

G-STAR RAW ジースターロウ ロゴ

G-STAR RAW

ヨス・ヴァン・ティルブルグが、1989年、G-STAR RAWを設立。

1959年、オランダ生まれ。現CEO。

1991年、ピエール・モリセットがヘッドデザイナーに就任。

Mila schon ミラショーン ロゴ

mila schon

ミラ・ショーンは、1916年、ユーゴスラビア ダルマティア(現クロアチア)生まれ。

BALENCIAGAや、Christian Diorで服を仕立てるなど、貴族階級の家系で育つ。
1958年、ミラノにて小さなアトリエを開設。

hussein Chalayan フセインチャラヤン ロゴ

Chalayan

フセイン・チャラヤンが、1995年に設立。

1970年、キプロス ニコシア生まれ。
セントマーチンズ卒業制作の「土中に埋められていた服」が注目を浴びる。

givenchy ジバンシィ ロゴ

GIVENCHY

ユベール・ド・ジバンシィは、1927年、フランス パリ生まれ。
ジャック・ファット、ロベール・ピゲ、リュシアン・ルロン、スキャパレリで経験を積む。