STONE ISLAND ストーンアイランド ロゴ

STONE ISLANDの歴史

Massimo Osti マッシモ オスティ

https://www.gettyimages.co.jp

マッシモ・オスティが1982年に設立。

ミリタリーウェアの持つ機能性や素材にいち早く着目し、カジュアルウェアのデザイン、素材開発、製品染めを先駆けて行う。

1983年に、イタリア・トリノを拠点とする大手繊維メーカーGFTグループと合併。

1993年、GFTグループから独立。
SPORTSWEAR COMPANY SpAを立ち上げ、ストーンアイランドを展開。

1996年にマッシモ オスティがSPORTSWEAR COMPANY SpAから去る。
(2005年に死去。)

後任はポール・ハーヴェイ。

 

Paul Harvey / ポール・ハーヴェイ

Paul Harvey ポール・ハーヴェイ

https://cpcompany.co.jp

イギリス生まれ。
セントラル・セント・マーチンズ大学を卒業後、トラックドライバーとして働く。

結婚を機に、イタリアに移り住むことによって再び服をデザインを始める。

ICI、サボタージュ、モンクレールを経て、
1996年、STONE ISLANDのデザイナーに就任。

1999年にはステンレススチールを使用した「Silver Jacket」、

銅を使用した「Bronze Jacket」を発表。

2008年に退任。(後任は社長のカルロ・リベッティ率いるデザインチーム。)

2012年、C.P.COMPANYのデザイナーに就任。

 

Calro Rivetti / カルロ・リベッティ

Carlo Rivetti カルロ リベッティ

https://www.businessoffashion.com

イタリア生まれ。

1975年、叔父の創業したGFPに参加。
1982年に、マッシモ・オスティにウェアのデザインを依頼したことで、STONE ISLANDが誕生。

現在はSPORTSWEAR COMPANY SpAの社長を務める。

2008年には、ミハエル・サッチェンバッハーとエロルソン・ヒューのデザインチームACRONYMの協力を得てSHADOW PROJECTをスタート。

NIKESupremeなど多くのコラボレーションも行い、注目を集めている。

 







PICK UP

Number (N)ine ナンバーナイン ロゴ

Number (n)ine

宮下貴裕が、1996年に設立。

1973年、日本 東京生まれ。
ネペンテスで企画、バイヤーを務める。

FENDI フェンディ ロゴ

FENDI

エドアルド・フェンディと妻アデーレが、1925年、毛皮工房を併設した革製品店をオープンさせたのが始まり。

ハリウッドで流行していた毛皮の襟巻きに着目し、

Schott ショット ロゴ

Schott

アーヴィン・ショットとジャック・ショット兄弟が、1913年、創業。
当初はレインコートをつくる工場として始まる。

1928年、世界初のフロントジッパーを採用した

Levis リーバイス ロゴ

Levi’s

リーバイ・ストラウスが、1853年に、「Levi Strauss & Co」を開業する。

1829年、ババリア(現在のドイツ) バッテンハイム生まれ。

1853年、ゴールドラッシュに湧くサンフランシスコに移民として渡米。

Agnes b アニエスベー ロゴ

agnes b.

アニエス・トゥルブレが、1975年に設立。

1941年、フランス ヴェルサイユ生まれ。
ヴェルサイユ美術学校卒業。