ralph lauren ラルフローレン

Ralph Laurenの歴史

https://www.forbes.com

ラルフ・ローレンは、1939年、アメリカ ニューヨーク生まれ。

ブルックスブラザーズでのセールスマンの経験を活かし、
1967年、ネクタイのブランド POLO を立ち上げる。

1968年にメンズウェア、1971年にレディスウェアを発表。
1974年、CHAPS RALPH LAURENをスタート。

1992年 マイケル・タピアが迎え、POLO SPORTをスタート。

1993年、RRLをスタート。
(1998年の生産中止、2001年の復活の後、3年での店舗閉鎖を経て
2005年にニューヨークでオンリーショップとして再スタートした。)

1994年、最上級ラインであるパープルレーベルを発表。

1996年、ヤング向けジーンズカジュアルラインであるPOLO JEANSを発表。

1998年、RLXをスタート。同ブランドにPOLO SPORTを統合。

2002年、レディースの新ラインであるブルーレーベルを発表。

2004年、RUGBYを発表。

2006年、ラルフローレンのメンズウェアのランウェイショーを初めてニューヨークで開催。

2011年、DENIM & SUPPLYを展開。

現在でも積極的に新しいラインを生み出し、ブランドは成長し続けている。

 







PICK UP

Yohji Yamamoto ヨウジヤマモト

Yohji Yamamoto

山本耀司は、1943年、日本 東京生まれ。
慶應義塾大学、文化服装学院卒業。

1972年、Y’s 設立。

Neil barett ニール バレット

Neil Barrett

ニール・バレットは、1965年、イギリス デヴォン生まれ。

1986年にセントラル・セント・マーチンズ、
1989年にロイヤル・カレッジ・オブ・アートを卒業。

PHENOMENON フェノメノン

PHENOMENON

オオスミタケシが、2004年に立ち上げる。

1974年、日本 静岡生まれ。

1993年、ヒップホップグループSHAKKAZOMBIEを結成。

BOGLIOLI ボリオリ

BOGLIOLI

ピエロ・ボリオリが、1890年にイタリアで創業。

1950年に、息子のジュゼッペ・ボリオリが後を継ぎ、当時の最先端技術を導入したアトリエを開設。

RAF SIMONS ラフシモンズ

RAF SIMONS

1968年、ベルギー ニールペルト生まれ。
大学で工業デザインを学び、ウォルター・ヴァン・べイレンドンクのもとで経験を積む。