Ralph Laurenの歴史

https://www.forbes.com

ラルフ・ローレンは、1939年、アメリカ ニューヨーク生まれ。

ブルックスブラザーズでのセールスマンの経験を活かし、
1967年、ネクタイのブランド POLO を立ち上げる。

1968年にメンズウェア、1971年にレディスウェアを発表。
1974年、CHAPS RALPH LAURENをスタート。

1992年 マイケル・タピアが迎え、POLO SPORTをスタート。

1993年、RRLをスタート。
(1998年の生産中止、2001年の復活の後、3年での店舗閉鎖を経て
2005年にニューヨークでオンリーショップとして再スタートした。)

1994年、最上級ラインであるパープルレーベルを発表。

1996年、ヤング向けジーンズカジュアルラインであるPOLO JEANSを発表。

1998年、RLXをスタート。同ブランドにPOLO SPORTを統合。

2002年、レディースの新ラインであるブルー・レーベルを発表。

2004年、RUGBYを発表。

2006年、ラルフ・ローレンのメンズウェアのランウェイショーを初めてニューヨークで開催。

2011年、DENIM & SUPPLYを展開。

現在でも積極的に新しいラインを生み出し、ブランドは成長し続けている。







PICK UP

White Mountaineering

相澤陽介が2006年に設立。

1977年、日本生まれ。
1999年、多摩美術大学の染織デザイン学科を卒業後、コム デ ギャルソンに入社。
ジュンヤワタナベ等で経験を積む。

LANVIN

ジャンヌ・ランバンは、1867年、フランス パリ生まれ。
1889年、パリに婦人用帽子店である「メゾン・ランバン」を創立。

娘のために作ったドレスが評判を呼び、親子服の専門店へとリニューアル。
その後、本格的にレディースウェアに参入、香水部門も設立し、

Christopher Nemeth

クリストファー・ネメスは、1959年、イギリス バーミンガム生まれ。
キャンバーウェル・カレッジ・オブ・アーツで絵画を学ぶ。

卒業後も絵画を続けながら自身で洋服を制作、販売を始め、マーク・レボンとの出会いをきっかけに新進気鋭のデザイナーとして注目を集める。

BALENCIAGA

クリストバル・バレンシアガは、1895年、スペイン生まれ。
1918年、スペインのサン・セバスティアンに仕立て屋を開業。

王室も顧客になるなど、ファッション界をリードする存在になり、「バレルルック」「サックドレス」「チュニックドレス」を発表。

Walter Van Beirendonck

ウォルター・ヴァン・ベイレンドンクは、1955年、ベルギー ブレヒト生まれ。
アントワープ王立芸術アカデミーのファッション科卒業。

1993年、W.&.L.T.をパリコレクションで発表する。

2000年にW.&.L.T.のデザイナーを降任。