NIKEの歴史

http://m.golocalprov.com

フィル・ナイトが、1964年に、前身となるブルーリボンスポーツ社を設立。

スタンフォード大学で経済学を学んでいたフィル・ナイトと、
オレゴン大学時代の陸上コーチであり、指導だけではなくシューズの改善にも余念のなかったビル・バウワーマンが、共同で立ち上げる。

日本からオニツカタイガーのランニングシューズを輸入し、アメリカ国内で販売を始める。

1971年、社名をNIKEに変更。
自社ブランドをスタートし、「コルテッツ」を発売。

その後も、74年に「ワッフル」、82年に「エアフォースⅠ」、85年に「エアジョーダンⅠ」、87年に「エアマックス」を発売。

1995年に「エアマックス95」を発売。
エアマックス狩りと言われる社会現象を起こすほど、爆発的なヒットとなる。

スニーカーはもちろん、アパレルもファッションシーンで存在感を強め、スウォッシュロゴは世界中で愛されるアイコンとなっている。

今までに、SupremeCOMME des GARCONSA.P.C.GIVENCHYのリカルド・ティッシ、OFF-WHITEのヴァージル・アブローとのコラボレーションスニーカーを発表、
SOPH.、sacai、UNDERCOVERの高橋盾とのアパレルコレクションも発表している。

 







PICK UP

kolor

阿部潤一が2004年に設立。
1965年、日本生まれ。
文化服装学院アパレルデザイン科で学び、卒業後いくつかのアパレルメーカーを経て独立。

FENDI

FENDI

エドアルド・フェンディと妻アデーレが、1925年、毛皮工房を併設した革製品店をオープンさせたのが始まり。

ハリウッドで流行していた毛皮の襟巻きに着目し、

Zucca

ZUCCa

小野塚秋良が、1988年に設立した。

1950年、日本生まれ。
1973年、杉野ドレスメーカー学院を卒業後、

DIESEL

DIESEL

レンツォ・ロッソとアドリアーノ・ゴールドシュミットが、1978年に設立。

1979年、初のメンズトータルコレクションを展開。

1984年、キッズライン「DIESELITO」をスタート。

nonnative

nonnative

サーフェン智が、1999年に設立。

2001年、現デザイナーの藤井隆行が入社。

2005年、東京、代官山に直営店でありセレクトショップ「vender」をオープン。