neoboy

by patti smith

 

ネオボーイ、あなたたちは混とんとした世界に入り込もうとしている。
あなたたちがどう変わるか、それともこのまま考えもなく過ごすのかにすべてがかかっている。
変容の意味を込めてネオボーイと呼ぶことにする。

熱帯植物がわなないている。
まだ見ぬ世界について何を言うことができる?
大人たちが知ったかぶりをするから、それを真に受けた貪欲な子どもたちが砂丘に放射性を有する物質を放り投げる。

すぐに無邪気な者たちの骨が砂の上にばらまかれて、年老いた魂たちに回収される。
彼らは古ぼけた鞄に入れたその骨をローマの女性か鳥頭に売るだろう。
武器の扱いに慣れた日本人の少年と美しいだけで知恵のないヒステリックな女が来る。
彼女たちは大した宗教心も持たずに骨を並び替えようとする。

彼らはその一味の振りをして、鋭い金属の星を摘み、銅のシートから新しい世界を造り出す。

もう一度聞く、まだ見ぬ世界について何を言うことができる?

私たちは1枚の紙を切り離す。
それはとても貴重な紙。
その紙が鳥になり、澄んだ川の上を飛びたっていく。
やがて爆弾で花が焼け、王権は奪われ、私たちは死んでしまう。

抗うことのできない恐怖に運命づけられているにもかかわらず、幸せになることを強制されている。
乳白色の渦巻きが浮き彫りになり、双子の誕生を祝う幸せな少年たちだけに重要なメッセージが与えられる。
私たちは浅はかにもうぬぼれていた。

私たちを誕生させる矢が放たれた。

私たちは何者なのか。
私たちは子ども。
控えめで、未熟な子ども。
私たちは月や星から地球へと落とされた。
その矢は、それまで生息していた大勢の動物たちの命を奪った。

ネオボーイは頷いて笑う。
私たちは地球上で他の生物たちと併存することを求められた。

私たちの鳥の頭の中で、ネオンが分散し飛び回る。
それはいわば電気によって描かれる無造作な書道。

彼はたった今、空に描いた完璧な作品に署名したところ。
彼はその空を飛ぶのが好き。
ベツレヘムと呼ばれる街を通って子どもたちの骨や開拓者のおならが臭ってくる。
それが誰かが飛び立ち、誰かが星になったこの街のすべて。

私は星から星へとどこへでも飛んでいける。
爆発の後、再建されるはず。
風景を再建した彼はこの惑星で最も壮大なものを創造できると誇らしげに言う。
彼にとってすべてはミニチュアでしかない。

恐怖だ。
ここには疫病の犠牲者を追悼するための白いスタッコアリーナと誰もいなくなった場所がある。
その形から均整のとれたウェイトレスだけが取り除かれている。

私をここから脱出させて。
私はネオボーイ。
私は腕を痛めているけれど、ギターを弾かなければならない。
彼はまだギターを手に入れていない。
今日は野球はないから、窓が割られる心配もない。

今日、野球はしないから概略を語ろう。
それはまだ10代の錬金術師の彼。
薬でイカれたスクリーンを剥がして。
彼が来る。

彼はビクトリア朝の術を使って人々を動揺させるつもり。
だんだん、だんだん、彼らは鎧を突き刺したくなる。
彼らが突き刺すのは過去の鎧。
さぁ未来に進もう。
何があるかわからないけど、先へ進もう。

私たちは、神聖で不滅の神風特攻隊のような16世紀の出来事に目を瞑ってきた。
さぁ、未来へ進もう。
私たちの過去はロマンティックで、消えかけている。

ネオボーイは仲介者である。
私たちは鳥の頭を付け、マスクをかぶり、私たちの黄色のゴムの指がピンク色の蛍光影で刻み付けられた険しい山を形作っている。
ふわふわの影、紙の花が揺れている。
血まみれの歯で、私たちは爆弾に火を点ける。

ネオボーイが笑いながら飛び跳ねる。
私たちは互いに攻撃し合い、血塗られた海で飛び跳ね、ギターをかき鳴らすネオボーイの赤く塗れたキスを重ねる。
それは私のギターなのに……、私の……、私の唯一の武器なのに。
無垢な者たちは風変わりな数学を崇拝する。

緊迫した叫びを奏でる開拓者の音楽は、ネオボーイの濡れた舌先から紡ぎだされる。
ネオボーイの羽の油滴のおかげで、油を差された野球のように家の中を滑っていく。
彼の鳥の頭は溶ける。

彼は月を破壊しようとその首を伸ばす。
月は、ジャズの世界から追放され、奇妙な公開を夢見るネオボーイのお腹の中で気泡のように閉じ込められている。

 

 

原文

neo boy. neo boy. neo boy.
neo boy melts in jelly machine.
the whole thing is how he can change the scene or be a changeling.
transformation is relative says neo boy.

tropical plants shiver.
what can you say about habitat that hasn’t been said before?
greedy children lap up radioactive jewels spit in the dunes by these so-called know-it-alls.

soon the gleaming bones of innocents will be scattering the sands and some enterprising old soul will gather them up in an old leather bag and sell them to a contact.
some kinda contact.
some kinda roman woman or some kinda bird head.
Someone will come.
a beautiful though thoughtless, childless shrew who will rearrange the bones with all the discreet adoration of a Japanese boy adjusting his weapon.

neo boy.
he dons, he dons his bird head, he dons his bird face mask and plucks up a sharp metal star and cuts a new scene from a sheet of copper.
what can you say about habitat that hasn’t been said again?

we take these pieces of paper.
these precious sheets.
we bend them into birds and we fill  the illiterate….. rivers.
we offend the bomb.
we offend the bomb.
lilies, crowns, eyes.soon we’ll be dead.

condemned to total peace despite the long chain of unspeakable horrors carved from a span of flat coil.
milky spirals buoying and bore in a clearing and ooze a message significant only to happy boys celebrating twin births.
we frolic.
we frolic with the buck, with the deer in miles of icing.

pausing to let arrows fly from our birthday bows.
who are we?
we are children.
discreet.
misbegotten.
we are from the moon.
we are from the stars.
we pierce the earth.
and darts price the ice forest evaporating crystal deer.
and they leap like melding eye of butter.

neo boy.
neo boy just nods and laughs.
i am new boy.
i am new boy and i slide deep in my machine messing with the multi-colored controls and i’m merging with blue fish space.

neo boy.
neon squiggles.
neon squiggles.
squirl.
squaggle.
in our bird heads.
yes, it’s neo boy’s electric spaghetti calligraphy.

he’s just signed his name to a perfect work of art_the sky. the sky that he likes to fly within.
Bones of children and a nice winding fart blown from the ass of neo boy_blow over the town called bethlehem.
ah, all this stuff about a town. all, all about a town.
a town where someone rose, someone rose into a star.
he readjusts the dials.

i’m flying everywhere i’ll fly from star to star.
everything explodes then rearranges.
landscapes can be recreated says neo boy proudly displaying his platform_one of the most expansive on the planet.
every town known to man in perfect miniature.

these is harrar.
there is the white stucco arena reserved for victims of plague and memory and abandoned space where no one is out of place here.
where only a shapely waitress would be out of shape here.

come on.
let me outta here, i’m neo boy.
i have a pain i my playing arm.
i must get-i must get a guitar.
he’s got to get his guitar.
the window breathes a sign of relief.
no baseball today.

no baseball thru me today.
outlines pulse.
it’s neo boy, teenage alchemist.
peel your winky-drink screens.
neo boy is coming.
here he comes.

he’s gonna shake, shake everyone out of their victorian chink tricks.
they’re gonna, they’re gonna, chink the, the, the, they’re gonna chink, they’re gonna chink and pierce the armor.
they’re gonna pierce the armor of the past.
we our future.
we our future.
we our boys in step.
we’re a step ahead.
we’re a step ahead and all the invisible guile.

we have all the invisible-we, we have all the invisible guile of a sixteen-century, a sixteen-century immortal kamikaze divine wind assigned to crash land.
we are the future.
our past is romantic, is dying.

neo boy w / skim skimmer.
we put on our bird heads, we don  our masks.
our yellow rubber tissue fingers forming crazy mountains etched in pink fluorescent shadows.
Flubber shadow, paper flowers nodding.
rhythm.
rhyming.
bearing red teeth.

we offend the bomb.
neo boy grins and leaps.
we offend everyone.
leaps into the sea pomaded with blood, the sticky kisses, the wet and red and shining lips of neo boy slobbering on his guitar.
it’s my guitar.
it’s my…. it’s my…… only weapon.
the innocent worship the exotic mathematics.

the music of neo boy popping electric exclamation points from wet tongue of neo boy on a commack spleen rack.
sliding home free like an oiled baseball thanks to oil droplets on the feathers of neo boy.
and his bird head.
his bird head, dissolves.

and he cranes his neck to aim sink and eat (not devour) the moon.
the goo-rain la lune is caught like a gas bubble in the belly of neo boy dreaming of remarkable voyages accursed ships frozen in dish shapes and his crazy disgrace as he exiles in a field of jazz.