MOSCHINO モスキーノ

MOSCHINOの歴史

Francisco Moschino フランシスコ モスキーノ

http://blog.iodonna.it

フランシスコ・モスキーノは、1950年、イタリア アッビアテグラッソ生まれ。

14歳から高級仕立屋のイザベラ・モイランディで働き、その後、ミラノの芸術アカデミーに入学して美術を学んで卒業。

1971年からVERSACEで働き、スケッチャー、イラストレーターを主に担当。

1977年からは、カデットでデザイナーを担当する。

1983年、ムーンシャドウ社を設立。
同年、レディースウェアのファッションショーをミラノで発表。
1986年、メンズウェアのコレクションを発表。

1987年、カジュアルラインのMOSCHINO JEANSと香水を発表。
1988年には、セカンドラインのCHEAP & CHICを発表。

1994年フランシスコ・モスキーノが死去。
後任は、81年からコンビを組んでいたロッセラ・ヤルディーニがデザインを担当している。

2007年、MOSCHINO JEANSを、LOVE MOSCHINOに改名。

2015年より、CHEAP&CHICを、BOUTIQUE MOSCHINO)に改名。

 

Rossella Jardini / ロッセラ・ヤルディーニ

Rossella Jardini ロッセラ ヤルディーニ

https://www.vogue.co.jp

1952年、イタリア ベルガモ生まれ。

1970年代初頭に、ブティック Pomeriggio(ポメリッジョ)をオープン。

1978年、TRUSSARDIで衣服とレザーグッズのデザインに携わり、その後、BOTTEGA VENETAなどで経験を積む。

1981年から、MOCHINOのシグネチャーラインに取り組むためにフランシスコ・モスキーノと共に働く。

1994年、フランシスコ・モスキーノの死去を受けて、MOSCHINOのクリエイティブ ディレクターに就任。

2013年に退任。現役を退いた。(後任は、ジェレミー・スコット。)

2016年、自身の名を冠した ROSELLA JARDINIをスタートし、復帰を果たす。

 

Jeremy Scott / ジェレミー・スコット

JEREMY SCOTT ジェレミー スコット

http://fashion.telegraph.co.uk

ジェレミー・スコットは、1974年、アメリカ ミズーリ生まれ。

ニューヨーク・ブルックリンにあるプラット・インスティテュートにてファッションを学び、
インターンにてジャンポール・ゴルチエのもとで経験を積む。

卒業後、パリに渡り、
1997年、自身の名を冠した JEREMY SCOTTをスタート。

2002年にロサンゼルスに拠点を移す。

2003年より、adidasとのコラボレーションをスタート。

2005年、バッグブランドのロンシャンとコラボレーションでバッグのシリーズを発表。

2013年、MOSCHINOのクリエイティブ ディレクターに就任。

 







PICK UP

COMME des GARCONS コムデギャルソン ロゴ

COMME des GARCONS

川久保玲が1969年に創業。

1942年、日本 東京生まれ。
1964年に慶應義塾大学文学部哲学科を修了後、

Salvatore ferragamo サルバトーレ フェラガモ ロゴ

Salvatore Ferragamo

サルヴァトーレ・フェラガモは、1898年、イタリア ボニート生まれ。
幼い頃から靴屋で働き、11歳の時、靴屋を開業。

1919年にカリフォルニア州サンタバーバラ、

Schott ショット ロゴ

Schott

アーヴィン・ショットとジャック・ショット兄弟が、1913年、創業。
当初はレインコートをつくる工場として始まる。

1928年、世界初のフロントジッパーを採用した

PHENOMENON フェノメノン ロゴ

PHENOMENON

オオスミタケシが、2004年に立ち上げる。

1974年、日本 静岡生まれ。

1993年、ヒップホップグループSHAKKAZOMBIEを結成。

FENDI フェンディ ロゴ

FENDI

エドアルド・フェンディと妻アデーレが、1925年、毛皮工房を併設した革製品店をオープンさせたのが始まり。

ハリウッドで流行していた毛皮の襟巻きに着目し、