MOSCHINO モスキーノ

MOSCHINOの歴史

Francisco Moschino フランシスコ モスキーノ

http://blog.iodonna.it

フランシスコ・モスキーノは、1950年、イタリア アッビアテグラッソ生まれ。

14歳から高級仕立屋のイザベラ・モイランディで働き、その後、ミラノの芸術アカデミーに入学して美術を学んで卒業。

1971年からVERSACEで働き、スケッチャー、イラストレーターを主に担当。

1977年からは、カデットでデザイナーを担当する。

1983年、ムーンシャドウ社を設立。
同年、レディースウェアのファッションショーをミラノで発表。
1986年、メンズウェアのコレクションを発表。

1987年、カジュアルラインのMOSCHINO JEANSと香水を発表。
1988年には、セカンドラインのCHEAP & CHICを発表。

1994年フランシスコ・モスキーノが死去。
後任は、81年からコンビを組んでいたロッセラ・ヤルディーニがデザインを担当している。

2007年、MOSCHINO JEANSを、LOVE MOSCHINOに改名。

2015年より、CHEAP&CHICを、BOUTIQUE MOSCHINO)に改名。

 

Rossella Jardini / ロッセラ・ヤルディーニ

Rossella Jardini ロッセラ ヤルディーニ

https://www.vogue.co.jp

1952年、イタリア ベルガモ生まれ。

1970年代初頭に、ブティック Pomeriggio(ポメリッジョ)をオープン。

1978年、TRUSSARDIで衣服とレザーグッズのデザインに携わり、その後、BOTTEGA VENETAなどで経験を積む。

1981年から、MOCHINOのシグネチャーラインに取り組むためにフランシスコ・モスキーノと共に働く。

1994年、フランシスコ・モスキーノの死去を受けて、MOSCHINOのクリエイティブ ディレクターに就任。

2013年に退任。現役を退いた。(後任は、ジェレミー・スコット。)

2016年、自身の名を冠した ROSELLA JARDINIをスタートし、復帰を果たす。

 

Jeremy Scott / ジェレミー・スコット

JEREMY SCOTT ジェレミー スコット

http://fashion.telegraph.co.uk

ジェレミー・スコットは、1974年、アメリカ ミズーリ生まれ。

ニューヨーク・ブルックリンにあるプラット・インスティテュートにてファッションを学び、
インターンにてジャンポール・ゴルチエのもとで経験を積む。

卒業後、パリに渡り、
1997年、自身の名を冠した JEREMY SCOTTをスタート。

2002年にロサンゼルスに拠点を移す。

2003年より、adidasとのコラボレーションをスタート。

2005年、バッグブランドのロンシャンとコラボレーションでバッグのシリーズを発表。

2013年、MOSCHINOのクリエイティブ ディレクターに就任。

 







PICK UP

RALPH LAUREN ラルフローレン ロゴ

RALPH LAUREN

ラルフ・ローレンは、1939年、アメリカ ニューヨーク生まれ。

ブルックスブラザーズでのセールスマンの経験を活かし、
1967年、ネクタイのブランド POLO を立ち上げる。

KRIS VAN ASSCHE クリスヴァンアッシュ ロゴ

KRIS VAN ASSCHE

クリス・ヴァン・アッシュは、1976年、ベルギー生まれ。

1998年、名門アントワープ王立芸術アカデミーを卒業後、
エディ・スリマンのアシスタントとして、

hermes エルメス ロゴ

HERMES

ティエリ・エルメスは、1801年、フランス 生まれ。
1837年、高級馬具工房をオープンする。
1867年、1878年のパリ万博では、それぞれ銀賞と金賞を受賞、

CONVERSE コンバース ロゴ

CONVERSE

マーキス・M・コンバースが、1908年に創業。

1917年、世界初のバスケットシューズ「オールスター」を発表。

1935年、バドミントン&テニスプレイヤーのジャック・パーセルが開発に参加し、

givenchy ジバンシィ ロゴ

GIVENCHY

ユベール・ド・ジバンシィは、1927年、フランス パリ生まれ。
ジャック・ファット、ロベール・ピゲ、リュシアン・ルロン、スキャパレリで経験を積む。