MOSCHINO モスキーノ

MOSCHINOの歴史

Francisco Moschino フランシスコ モスキーノ

http://blog.iodonna.it

フランシスコ・モスキーノは、1950年、イタリア アッビアテグラッソ生まれ。

14歳から高級仕立屋のイザベラ・モイランディで働き、その後、ミラノの芸術アカデミーに入学して美術を学んで卒業。

1971年からVERSACEで働き、スケッチャー、イラストレーターを主に担当。

1977年からは、カデットでデザイナーを担当する。

1983年、ムーンシャドウ社を設立。
同年、レディースウェアのファッションショーをミラノで発表。
1986年、メンズウェアのコレクションを発表。

1987年、カジュアルラインのMOSCHINO JEANSと香水を発表。
1988年には、セカンドラインのCHEAP & CHICを発表。

1994年フランシスコ・モスキーノが死去。
後任は、81年からコンビを組んでいたロッセラ・ヤルディーニがデザインを担当している。

2007年、MOSCHINO JEANSを、LOVE MOSCHINOに改名。

2015年より、CHEAP&CHICを、BOUTIQUE MOSCHINO)に改名。

 

Rossella Jardini / ロッセラ・ヤルディーニ

Rossella Jardini ロッセラ ヤルディーニ

https://www.vogue.co.jp

1952年、イタリア ベルガモ生まれ。

1970年代初頭に、ブティック Pomeriggio(ポメリッジョ)をオープン。

1978年、TRUSSARDIで衣服とレザーグッズのデザインに携わり、その後、BOTTEGA VENETAなどで経験を積む。

1981年から、MOCHINOのシグネチャーラインに取り組むためにフランシスコ・モスキーノと共に働く。

1994年、フランシスコ・モスキーノの死去を受けて、MOSCHINOのクリエイティブ ディレクターに就任。

2013年に退任。現役を退いた。(後任は、ジェレミー・スコット。)

2016年、自身の名を冠した ROSELLA JARDINIをスタートし、復帰を果たす。

 

Jeremy Scott / ジェレミー・スコット

JEREMY SCOTT ジェレミー スコット

http://fashion.telegraph.co.uk

ジェレミー・スコットは、1974年、アメリカ ミズーリ生まれ。

ニューヨーク・ブルックリンにあるプラット・インスティテュートにてファッションを学び、
インターンにてジャンポール・ゴルチエのもとで経験を積む。

卒業後、パリに渡り、
1997年、自身の名を冠した JEREMY SCOTTをスタート。

2002年にロサンゼルスに拠点を移す。

2003年より、adidasとのコラボレーションをスタート。

2005年、バッグブランドのロンシャンとコラボレーションでバッグのシリーズを発表。

2013年、MOSCHINOのクリエイティブ ディレクターに就任。

 







PICK UP

N.HOOLYWOODD エヌハリウッド ロゴ

N.HOOLYWOOD

尾花大輔が2000年に立ち上げる。

1974年、日本 神奈川生まれ。
古着屋「VOICE」で働いた後、古着屋「go-getter」の立ち上げに参加。

COMME des GARCONS コムデギャルソン ロゴ

COMME des GARCONS

川久保玲が1969年に創業。

1942年、日本 東京生まれ。
1964年に慶應義塾大学文学部哲学科を修了後、

Walter Van Beirendonck ウォルター ヴァン ベイレンドンク ロゴ

Walter Van Beirendonck

ウォルター・ヴァン・ベイレンドンクは、1955年、ベルギー ブレヒト生まれ。
アントワープ王立芸術アカデミーのファッション科卒業。

1993年、W.&.L.T.をパリコレクションで発表する。

Maison Martin Margiela メゾン マルタン マルジェラ ロゴ

Maison Margiela

マルタン・マルジェラは、1959年、ベルギー ランブール生まれ。
アントワープ王立美術アカデミーに入学。

ジャンポール・ゴルチエのショーに感銘を受け、

Yohji Yamamoto ヨウジヤマモト ロゴ

Yohji Yamamoto

山本耀司は、1943年、日本 東京生まれ。
慶應義塾大学、文化服装学院卒業。

1972年、Y’s 設立。