HUNTING WORLD ハンティングワールド

HUNTING WORLDの歴史

HUNTING WORLD ハンティングワールド

http://www.huntingworld.com

ロバート・M・リーが、1965年に設立。

1928年、アメリカ ニューヨーク生まれ。

1955年、アウトドアに対する興味が嵩じて、アフリカへの長期探検旅行を試みる。

1959年、サファリツアーを提供する「リー・エクスペディションズ社」をアンゴラで開業。
プロ用途の探検用品を創作。

1965年、アンゴラで内戦が勃発したため、事業を閉鎖しアメリカへ帰国。
アウトドア関連商品を製造販売する「HUNTING WORLD INC.」を設立。

1972年、ハンティング・ワールドを象徴する機能素材「バチュー・クロス」を開発。

現在は、バッグ、アウトドアの範囲を超えて、時計、ネクタイなども含めた総合アパレルメーカーとして展開している。

2018年より、White Mountaineeringの相澤陽介がクリエイティブ ディレクターに就任。
ピッティ・イマージネ・ウォモ にて、ブランド初のランウェイショーを開催。

 







PICK UP

BALENCIAGA バレンシアガ ロゴ

BALENCIAGA

クリストバル・バレンシアガは、1895年、スペイン生まれ。
1918年、スペインのサン・セバスティアンに仕立て屋を開業。

王室も顧客になるなどファッション界をリードする存在になり、

KRIS VAN ASSCHE クリスヴァンアッシュ ロゴ

KRIS VAN ASSCHE

クリス・ヴァン・アッシュは、1976年、ベルギー生まれ。

1998年、名門アントワープ王立芸術アカデミーを卒業後、
エディ・スリマンのアシスタントとして、

CONVERSE コンバース ロゴ

CONVERSE

マーキス・M・コンバースが、1908年に創業。

1917年、世界初のバスケットシューズ「オールスター」を発表。

1935年、バドミントン&テニスプレイヤーのジャック・パーセルが開発に参加し、

SWAGGER スワッガー ロゴ

SWAGGER

IGNITION MAN(井口秀浩)、BIG-O(オオスミタケシ)の2人が、1999年に立ち上げる。

1993年、井口秀浩、オオスミタケシに、

Mila schon ミラショーン ロゴ

mila schon

ミラ・ショーンは、1916年、ユーゴスラビア ダルマティア(現クロアチア)生まれ。

BALENCIAGAや、Christian Diorで服を仕立てるなど、貴族階級の家系で育つ。
1958年、ミラノにて小さなアトリエを開設。