GIANFRANCO FERRE ジャンフランコ フェレ

GIANFRANCO FERREの歴史

http://ecodiario.eleconomista.es

ジャンフランコ・フェレは、1944年、イタリア ルガーノ生まれ。

1969年、ミラノ工科大学建築学科を卒業。
アクセサリーデザインからキャリアをスタートする。

1974年、初のプレタポルテコレクションを発表。

1978年、GIANFRANCO FERRE レディースコレクションを発表。
1982年には、メンズコレクションを発表。

1989年、Christian Diorのクリエイティブ ディレクターに就任。
1996年に退任した。(後任はジョン・ガリアーノ。)

2007年、脳内出血により、死去。

ミラノの「3G」の1人として称えられ、故ジャンニ・ヴェルサーチ、ジョルジオ・アルマーニとともに1980年代後半のミラノのモードシーンを牽引した。

後任デザイナーには、ラーズ・ニルソンが就任した。

 

Lars Nilsson / ラーズ・ニルソン

http://se.fashionnetwork.com

ラーズ・ニルソンは、1967年、スウェーデン生まれ。

パリのシャンブル・サンディカル・ドゥ・ラ・クチュールを卒業。

CHANELでインターンとして勤めた後、
クリスチャン・ラクロワでオートクチュールのシニアデザイナー、
Christian Diorでオートクチュールのコーディネーターを経験。

ニューヨークでRALPH LAURENのレディースコレクションを手掛けた後、
ビル・ブラスのクリエイティブ ディレクターに就任。

2003年、NINA RICCIのクリエイティブ ディレクターに就任。
2006年に退任。

2007年、GIANFRANCO FERREのクリエイティブ ディレクターに就任。
1シーズンで退任。(後任はトマソ・アキラーノとロベルト・リモンディ。

 

Tommaso Aquilano / トマソ・アキラーノ
Roberto Rimondi / ロベルト・リモンディ

http://jeffybruce.blogspot.jp

トマソ・アキラーノは、イタリア プッリャ生まれ。
ローマ ファッションアカデミーを卒業。

ロベルト・リモンディは、イタリア ボローニャ生まれ。
イスティテュート・カルロ・セコリを卒業。

二人は1988年に出会い、VOGUEがスポンサーを行う「Who’s on Next」で優勝。

MaxMaraで経験を積み、
2005年に「6267」を設立。

2007年、Maloのクリエイティブ ディレクターに就任。
2008年に退任。

2008年、GIANFRANCO FERREのレディース クリエイティブ ディテクターに就任。

2009年、メンズのクリエイティブ ディレクターも担当する。
2011年に退任。(後任はステファノ・キトロンとフェデリコ・ピアッジ。)

 

Stefano Citron / ステファノ・キトロン
Federico Piaggi / フェデリコ・ピアッジ

http://velvetstyle.it

 

2011年に、GIANFRANCO FERREのクリエイティブ ディレクターに就任。
2014年に退任。

以降、ライセンス事業が中心でブランドは積極的な活動を行っていない。

 







PICK UP

HUNTING WORLD ハンティングワールド ロゴ

HUNTING WORLD

ロバート・M・リーが、1965年に設立。

1928年、アメリカ ニューヨーク生まれ。

1955年、アウトドアに対する興味が嵩じて、

Paul Smith ポールスミス ロゴ

Paul Smith

ポール・スミスは、1946年、イギリス ノッティンガム生まれ。

1970年、セレクトショップとしてスタート。
徐々に自分自身のブランドを始め、ロゴ入りシャツなどの販売を開始する。

Salvatore ferragamo サルバトーレ フェラガモ ロゴ

Salvatore Ferragamo

サルヴァトーレ・フェラガモは、1898年、イタリア ボニート生まれ。
幼い頃から靴屋で働き、11歳の時、靴屋を開業。

1919年にカリフォルニア州サンタバーバラ、

LIMI feu リミフゥ ロゴ

LIMI feu

山本里美が1999年に設立。

1974年、日本 福岡生まれ。
父はデザイナーの山本耀司。

Louis Vuitton ルイ ヴィトン ロゴ

LOUIS VUITTON

ルイ・ヴィトンは、1821年、フランス ジュラ生まれ。
1854年、世界初の旅行用トランクのアトリエ「VOUIS VUITTON」をオープン。
当時は雨が垂れる丸蓋トランクが主流だったが、