FENDI フェンディ

FENDIの歴史

https://www.collegefashion.net

 

エドアルド・フェンディと妻アデーレが、1925年、毛皮工房を併設した革製品店をオープンさせたのが始まり。

ハリウッドで流行していた毛皮の襟巻きに着目し、毛皮のコートを売り出したことで成功する。

1946年より、5人の娘のうちの長女、パオラが仕事に関わり、アンナ、フランカ、カルラ、アルダの4人の妹もそれに続き、アドーレの後を受け継ぐ。

1965年、カール・ラガーフェルドがクリエイティブ ディレクターに就任。

1969年には、毛皮コートのプレタポルテを発表。

1997年には、アイコンバッグとなる「バゲット」を発表。

毛皮、バッグの他にも服飾、香水、アクセサリー、サングラス、インテリアアイテム、ブティックホテル、文化遺産保護プロジェクト等、幅広く展開している。

カール・ラガーフェルドは就任以来、50年以上に渡りレディースコレクションを担当、
メンズコレクションは、シルヴィア・べントゥリーニ・フェンディが担当している。

 

Karl Lagerfeld / カール・ラガーフェルド

http://en.vogue.fr

1938年、ドイツ ハンブルク生まれ。

1954年、IWS(国際羊毛事務局)主催のコンクール コート部門で優勝。
翌年、17歳の若さでPIERRE BALMAINで働き始め、1958年にジャン・パトゥへ移籍。

その後、KRIZIA、シャルル・ジョルダン、Valentinoを渡り歩歩き、
1963年に独立し、プレタポルテ コレクションを発表。

1964年には、Choloeと契約。

1965年、FENDIのクリエイティブ ディレクターに就任。

1983年にCHANELのデザイナーに就任。
自身のブランドKARL LAGERFELDも立ち上げた。

1988年、Choleのデザイナーを退任するが、
1992年、再度デザイナーに復帰し、1997年に退任。

現在でもFENDI、CHANELのレディースウェア ディレクターを兼任し、最前線で活躍している。

 

Silvia Venturini Fendi / シルヴィア・ベントゥリーニ・フェンディ

https://www.wmagazine.com

創業者アデーレ・フェンディ、エドアルド・フェンディ夫妻の孫。

1987年に、FENDI SSIMEラインのクリエイティブ ディレクターに就任。

1994年にレザーグッズの責任者となる。

1997年には伝説となるバッグ「バゲット」をデザイン。

2010年よりキッズ ウェアのクリエイティヴ ディレクターも兼任している。

 







PICK UP

NIKE ナイキ ロゴ

NIKE

フィル・ナイトが、1964年に、前身となるブルーリボンスポーツ社を設立。

スタンフォード大学で経済学を学んでいたフィル・ナイトと、
オレゴン大学時代の陸上コーチであり、

STUSSY ステューシー ロゴ

STUSSY

1980年、ショーン・ステューシーが自身のサインをTシャツ、サーフボードにプリントして、販売したのが始まり。

1986年、ショールームをニューヨークとロサンゼルスにオープン、

Eddie Bauer エディー バウアー ロゴ

Eddie Bauer

エディー・バウアーは、1899年、アメリカ・シアトル近郊のオルカス島生まれ。

1920年、シアトルにテニスショップをオープン。

Walter Van Beirendonck ウォルター ヴァン ベイレンドンク ロゴ

Walter Van Beirendonck

ウォルター・ヴァン・ベイレンドンクは、1955年、ベルギー ブレヒト生まれ。
アントワープ王立芸術アカデミーのファッション科卒業。

1993年、W.&.L.T.をパリコレクションで発表する。

PENDLETON ペンドルトン ロゴ

PENDLETON

1863年、トーマス・ケイが、イギリスからアメリカ・オレゴン州に毛織物工場支援のために移住する。

1876年、娘のファニーが小売商のビショップと結婚。