COMME des GARCONSの歴史

http://www.dazeddigital.com

川久保玲が1969年に創業。

1942年、日本 東京生まれ。
1964年に慶應義塾大学文学部哲学科を修了後、素材メーカーの旭化成に入社。
繊維宣伝部でスタイリストの経験を積む。

1967年からはフリーランスのスタイリストとなり、広告写真撮影の仕事の際に自分自身で洋服を作るようになったことをきっかけに、
1973年に株式会社「コム デ ギャルソン」を設立した。
1975年に東京コレクションに初参加。

日本での「カラス族」の流行から、
1981年、「黒の衝撃」として語り継がれるパリプレタポルテでのコレクションでセンセーショナルにデビューを果たす。

それまでのモード界では禁忌的な扱いを受けていた黒を多用し、穴を施したニットなど、ファッション業界の既成概念に変化を起こし、黒を基調としたスタイルを定着させた。

「COMME des GARCONS」「HOMME PLUS 」は川久保玲が担当。
「HOME」「JUNYA WATANABE」「tricot」「noir kei ninomiya」等、コンセプトの異なる多くのラインを発表し、渡辺淳弥、栗原たお、二宮啓がデザイナーとして各ラインを担当している。
過去には田中啓一、丸龍文人もデザイナーを務めていた。

 

渡辺淳弥 / JUNYA WATANABE

https://www.vogue.co.jp

1961年、日本 福島生まれ。

文化服装学院デザイン科卒業後、
1984年、COMME des GARCONSに入社。

1987年に、tricot COMME des GARÇONS のデザイナーに就任。
1992年に、JUNYA WATANABE COMME des GARÇONS を立ち上げる。

2002年、JUNYA WATANABE COMME des GARÇONS MAN スタート。
tricot COMME des GARCONSのデザイナーを退任。(後任は栗原たお。)

2003年、JUNYA WATANABE COMME des GARÇONS MAN PINK スタート。
2005年、eye COMME des GARÇONS JUNYA WATANABE MAN スタート。
同年、株式会社コムデギャルソン取締役副社長に就任した。

2009年、JUNYA WATANABE MAN bis スタート。
2012年 COMME des GARCONS HOMME のデザイナーに就任。

 

栗原たお / Tao Kurihara

https://successstory.com

1973年、日本 生まれ。

セントマーチンズ卒業後、
1998年、コムデギャルソンに入社。

2002年、tricot COMME des GARCONS のデザイナーに就任。

2005年、自身の名を冠したtao COMME des GARCONSをスタート。
2011年に、tao COMME des GARCONSは終了。

 

二宮啓 / Kei ninomiya

https://www.vogue.co.jp

日本 大分生まれ。
青山学院大学卒業。

アントワープ王立芸術アカデミーを2年間で中退し、
2008年、コムデギャルソン入社。
COMME des GARCONS のパタンナーを務める。

2012年、自身の名を冠した noir kei ninomiya を立ち上げる。

 

田中啓一 / keichi Tanaka

https://tenpomap.blogspot.jp

1955年、日本 東京生まれ。
1977年、東海大学工学部卒業後「鷺宮製作所」に入社しエンジニアとして勤務。

1980年、文化服装学院アパレルデザイン科に入学。
1983年、文化服装学院卒業後、NICOLEに入社し、MONSIEUR NICOLEに勤務。

1990年、COMME des GARCONSに入社。
「COMME des GARCONS HOMME」「COMME des GARCONS HOMME HOMME」のデザイナーに就任。
2003年に退職。

2010年、自身ののブランド KONTRAPUNKTを立ち上げる。

 

丸龍文人 / Fumito Ganryu

https://www.fashionsnap.com

1976年、日本 福岡生まれ。

2003年に文化ファッション大学院大学を卒業し、
2004年、コム デ ギャルソンに入社。
パタンナーとして渡辺淳弥の元で学ぶ。

2008年、GANRYUのデザイナーに就任。
2017年にGANRYUを休止。
COMME des GARCONSを退社した。

 

歴代デザイナー

 

COMME des GARCONS
COMME des GARCONS HOMME PLUS
1973~ 川久保玲 1984~ 川久保玲

 

COMME des GARCONS HOMME
1978~ 川久保玲
1990~ 田中啓一
2003~ 渡辺淳弥

 

tricot COMME des GARCONS 
1981~ 川久保玲
1987~ 渡辺淳弥
2002~ 栗原たお

 

COMME des GARCONS HOMME DEUX
1987~ 川久保玲

 

COMME des GARCONS SHIRT
1988~ 川久保玲

 

COMME des GARCONS COMME des GARCONS
1993~ 川久保玲

 

JUNYA WATANABE COMME des GARCONS 
PINK MEN
1992~ 渡辺淳弥 2001~ 渡辺淳弥

 

eYe COMME des GARCONS JUNYA WATANABE
2005~ 渡辺淳弥







PICK UP

STONE ISLAND

マッシモ・オスティが1982年に設立。

ミリタリーウェアの持つ機能や素材にいち早く着目し、カジュアルウェアのデザイン、素材開発、製品染めを先駆けて行う。

1983年に、イタリア・トリノを拠点とする大手繊維メーカーGFTグループと合併。

DRIES VAN NOTEN

ドリス・ヴァン・ノッテンは、1958年、ベルギー アントワープ生まれ。

77年、アントワープ王立美術アカデミーのデザイン科に入学。
在学中に、フリーランスとしてデザインを手がけ、父親の経営するブティックのバイヤーなどにも携わる。

STUSSY

1980年、ショーン・ステューシーが自身のサインをTシャツ、サーフボードにプリントして、販売したのが始まり。

1986年、ショールームをニューヨークとロサンゼルスにオープン、この年に日本でもブランドの展開が始まる。

Christopher Nemeth

クリストファー・ネメスは、1959年、イギリス バーミンガム生まれ。
キャンバーウェル・カレッジ・オブ・アーツで絵画を学ぶ。

卒業後も絵画を続けながら自身で洋服を制作、販売を始め、マーク・レボンとの出会いをきっかけに新進気鋭のデザイナーとして注目を集める。

GUCCI

グッチオ・グッチは、1881年、イタリア フィレンツェ生まれ。
1923年、「GUCCI」をオープン。旅行鞄と馬具の製造販売と修理を行う。
乗馬をテーマにしたコレクションが人気を集め、馬具の腹帯から着想を得たシェリーラインはGUCCIを代表するモチーフとなる。