Christopher Nemethの歴史

http://theselby.com

クリストファー・ネメスは、1959年、イギリス バーミンガム生まれ。
キャンバーウェル・カレッジ・オブ・アーツで絵画を学ぶ。

1982年に卒業、その後も絵画を続けながら自身で洋服を制作、販売を始め、マーク・レボンとの出会いをきっかけに新進気鋭のデザイナーとして注目を集める。

1986年に、ロンドンから日本に渡り、東京に拠点を移す。
1993年には、東京の明治神宮前に旗艦店をオープン。

2010年、COMME des GARCONSとのコラボレーションアイテムを発表。
同年、死去。

現在でもブランドは存続、
2015年には、LOUIS VUITTONによるオマージュコレクションも発表された。

 







PICK UP

Walter Van Beirendonck

ウォルター・ヴァン・ベイレンドンクは、1955年、ベルギー ブレヒト生まれ。
アントワープ王立芸術アカデミーのファッション科卒業。

1993年、W.&.L.T.をパリコレクションで発表する。

2000年にW.&.L.T.のデザイナーを降任。

agnes b.

アニエス・トゥルブレが、1975年に設立。

1941年、フランス ヴェルサイユ生まれ。
ヴェルサイユ美術学校卒業。

1964年、雑誌出版社ELLEに入社し編集者となり、

STONE ISLAND

マッシモ・オスティが1982年に設立。

ミリタリーウェアの持つ機能や素材にいち早く着目し、カジュアルウェアのデザイン、素材開発、製品染めを先駆けて行う。

1983年に、イタリア・トリノを拠点とする大手繊維メーカーGFTグループと合併。

CHANEL

ココ・シャネル(本名 ガブリエル・シャネル)は、1883年、フランス オーベルジュ生まれ。

1910年、パリに帽子のアトリエ「CHANEL MODE」開業。
1916年に発表した、オートクチュールコレクションの

COMME des GARCONS

川久保玲が1969年に創業。

1942年、日本 東京生まれ。
1964年に慶應義塾大学文学部哲学科を修了後、素材メーカーの旭化成に入社。
繊維宣伝部でスタイリストの経験を積む。