CHANELの歴史

https://www.vogue.com

ココ・シャネル(本名 ガブリエル・シャネル)は、1883年、フランス オーベルジュ生まれ。

1910年、パリに帽子のアトリエ「CHANEL MODE」開業。
1916年に発表した、オートクチュールコレクションのジャージー素材を使用したドレスが話題となり、1921年に発売されたシャネル初の香水「No.5」のビジネス展開により、大企業へと成長していく。

「シャネル・スーツ」「リトル・ブラック・ドレス」などの名作を生み出し、コルセットを捨て、ショルダーバッグを考案、パンツスタイル、ショートカットの普及、「黒」をファッションに取り入れるなど、女性を開放したと評されるココ・シャネルはファッションの歴史を大きく変え、亡くなる直前まで最前線で活躍し続けた。

その後10年近く、CHANELは低迷期を迎えるが、ブランドの再生を図り、
1983年にカール・ラガーフェルドがアーティスティック・ディレクターに就任。
ブランドを作り直すのではなく、ココ・シャネルを再生するという偉業を成し遂げ、現在でもCHANELを牽引している。

 

カール・ラガーフェルド

http://en.vogue.fr

1938年、ドイツ ハンブルク生まれ。

1954年、IWS(国際羊毛事務局)主催のコンクール コート部門で優勝。
翌年、17歳の若さでPIERRE BALMAINで働き始め、1958年にジャン・パトゥへ移籍。

その後、KRIZIA、シャルル・ジョルダン、Valentinoを渡り歩歩き、
1963年に独立し、プレタポルテ コレクションを発表。

1964年には、Choloeと契約。
1965年、FENDIのクリエイティブ ディレクターに就任。

1983年にCHANELのデザイナーに就任。

自身のブランドKARL LAGERFELDも立ち上げた。

1988年、Choleのデザイナーを退任するが、
1992年、再度デザイナーに復帰し、1997年に退任。

現在でもFENDI、CHANELのレディースウェア ディレクターを兼任し、最前線で活躍している。

 

歴代デザイナー

 

WOMENS MENS
1916~ ココ・シャネル
1983~ カール・ラガーフェルド(MENS 設立年不明)







PICK UP

Christopher Nemeth

クリストファー・ネメスは、1959年、イギリス バーミンガム生まれ。
キャンバーウェル・カレッジ・オブ・アーツで絵画を学ぶ。

卒業後も絵画を続けながら自身で洋服を制作、販売を始め、マーク・レボンとの出会いをきっかけに新進気鋭のデザイナーとして注目を集める。

RALPH LAUREN

ラルフ・ローレンは、1939年、アメリカ ニューヨーク生まれ。

ブルックスブラザーズでのセールスマンの経験を活かし、
1967年、ネクタイのブランド POLO を立ち上げる。

1968年にメンズウェア、1971年にレディスウェアを発表。

LANVIN

ジャンヌ・ランバンは、1867年、フランス パリ生まれ。
1889年、パリに婦人用帽子店である「メゾン・ランバン」を創立。

娘のために作ったドレスが評判を呼び、親子服の専門店へとリニューアル。
その後、本格的にレディースウェアに参入、香水部門も設立し、

COMME des GARCONS

川久保玲が1969年に創業。

1942年、日本 東京生まれ。
1964年に慶應義塾大学文学部哲学科を修了後、素材メーカーの旭化成に入社。
繊維宣伝部でスタイリストの経験を積む。

BURBERRY

トーマス・バーバリーは、1835年、イギリス ハンプシャー生まれ。
1856年、ウィンチェスターストリートに洋服店を開業。

新素材ギャバジンを開発し、第一次世界大戦時のイギリス陸海軍のトレンチコートとしての正式採用、冒険家からの支持も集め、