Champion チャンピオン

Championの歴史

1919年、サイモン・フェインブルームが、”ニッカーボッカー・ニッティング・カンパニー”を設立。

1920年、サイモンの没後、その息子のエイプ&ウィリアム・フェインブルーム兄弟が、”チャンピオン・ニッティング・ミルズ社” として社業を受け継ぐ。

スウェットシャツの品質を認められ、米軍アカデミーの訓練用ウェアに採用される。

1924年、ミシガン大学でもスウェットシャツを採用される。

1930年、Tシャツやスウェットシャツにナンバーや大学名をプリントするレタリング加工を開発。

1934年、サム・フリードランドによって、「リバースウィーブ」が誕生する。

1939年、海軍からの依頼により、表が紺、裏が黄色の「リバーシブルTシャツ」を開発。

1967年、”チャンピオン・プロダクツ社” に、社名が変更される。

近年でも、「ウィンドストッパー」の開発、 リバースウィーブのリニューアル、
コットン88%、レーヨン12%で混紡された「88/12」の復刻等、ファションシーンでは欠かせない存在として、愛され続けている。

SupremeSTUSSYA BATHING APENEW ERAVETEMENTS、Off-White、等コラボレーションも多く行なっている。

 







PICK UP

COMME des GARCONS コムデギャルソン ロゴ

COMME des GARCONS

川久保玲が1969年に創業。

1942年、日本 東京生まれ。
1964年に慶應義塾大学文学部哲学科を修了後、

Le coq sportif ルコックスポルティフ ロゴ

le coq sportif

1882年、エミール・カミュゼが前身であるメリヤス衣料製造業を創設。

初めてスポーツ競技用ウェアを製造し、クオリティの高さで徐々にファンを増やす。

1948年、le coq sportifと鶏のロゴが誕生。

WOOLRICH ウールリッチ ロゴ

WOOLRICH

アメリカ生まれ。

Supremeのパタンナーとしても活躍し、
2005年から2009年まで、J.PRESSのクリエイティブ ディレクターを務める。

ALEXANDER McQUEEN アレキサンダー マックイーン ロゴ

ALEXANDER McQUEEN

アレキサンダー・マックイーンは、1969年、イギリス ロンドン生まれ。

ギーブス&ホークス、アンダーソン&シェパード、ロメオ・ジリ等でキャリアを積み、バーマンズ&ネイサンズで舞台衣装の製作も手がける。

hussein Chalayan フセインチャラヤン ロゴ

Chalayan

フセイン・チャラヤンが、1995年に設立。

1970年、キプロス ニコシア生まれ。
セントマーチンズ卒業制作の「土中に埋められていた服」が注目を浴びる。