Champion チャンピオン

Championの歴史

1919年、サイモン・フェインブルームが、”ニッカーボッカー・ニッティング・カンパニー”を設立。

1920年、サイモンの没後、その息子のエイプ&ウィリアム・フェインブルーム兄弟が、”チャンピオン・ニッティング・ミルズ社” として社業を受け継ぐ。

スウェットシャツの品質を認められ、米軍アカデミーの訓練用ウェアに採用される。

1924年、ミシガン大学でもスウェットシャツを採用される。

1930年、Tシャツやスウェットシャツにナンバーや大学名をプリントするレタリング加工を開発。

1934年、サム・フリードランドによって、「リバースウィーブ」が誕生する。

1939年、海軍からの依頼により、表が紺、裏が黄色の「リバーシブルTシャツ」を開発。

1967年、”チャンピオン・プロダクツ社” に、社名が変更される。

近年でも、「ウィンドストッパー」の開発、 リバースウィーブのリニューアル、
コットン88%、レーヨン12%で混紡された「88/12」の復刻等、ファションシーンでは欠かせない存在として、愛され続けている。

SupremeSTUSSYA BATHING APENEW ERAVETEMENTS、Off-White、等コラボレーションも多く行なっている。

 







PICK UP

N.HOOLYWOODD エヌハリウッド ロゴ

N.HOOLYWOOD

尾花大輔が2000年に立ち上げる。

1974年、日本 神奈川生まれ。
古着屋「VOICE」で働いた後、古着屋「go-getter」の立ち上げに参加。

JEREMY SCOTT ジェレミー スコット ロゴ

JEREMY SCOTT

ジェレミースコットは、1974年、アメリカ ミズーリ生まれ。

ニューヨーク・ブルックリンにあるプラット・インスティテュートにてファッションを学び、

ETRO エトロ

ETRO

ジンモ・エトロは、1940年、イタリア ミラノ生まれ。

1968年、インドのカシミール・ショールの紋様を自身の手で再現すべく、テキスタイルメーカーとして、ETRO社を設立。

Agnes b アニエスベー ロゴ

agnes b.

アニエス・トゥルブレが、1975年に設立。

1941年、フランス ヴェルサイユ生まれ。
ヴェルサイユ美術学校卒業。

Walter Van Beirendonck ウォルター ヴァン ベイレンドンク ロゴ

Walter Van Beirendonck

ウォルター・ヴァン・ベイレンドンクは、1955年、ベルギー ブレヒト生まれ。
アントワープ王立芸術アカデミーのファッション科卒業。

1993年、W.&.L.T.をパリコレクションで発表する。