BURBERRY, バーバリーの歴史, 歴史デザイナー

 

 

BURBERRYの歴史

http://www.vogue.fr

トーマス・バーバリーは、1835年、イギリス ハンプシャー生まれ。
1856年、ウィンチェスターストリートに洋服店を開業。

新素材ギャバジンを開発し、第一次世界大戦時のイギリス陸海軍のトレンチコートとしての正式採用、冒険家からの支持も集め、瞬く間にファッションにも普及する。

次々と王室からのロイヤルワラントも授与され、今でもアイコンとなっているバーバリーチェックも一大ブームを巻き起こした。

1998年、ロベルト・メニケッティがクリエイティブ ディレクター就任し、BURBERRY PRORSUM としてミラノコレクションに参入。

ブランド名も「Burberry’s」から「BURBERRY」に変更、アイテムの大半も変更し新生BURBERRYをスタートした。

 

Roberto Menichetti / ロベルト・メニケッティ

https://wiki.wildberries.ru

1966年、ニューヨーク バッファロー生まれ。
イタリア ペルージャのアカデミー・オブ・ファインアーツにて博士号を取得。

クロード・モンタナでキャリアをスタート。
その後、JIL SANDERで5年間勤め、アシスタント デザイナーを経験。

1999年、BURBERRY PRORSUMのクリエイティブ ディレクターに就任。
2001年に退任。(後任はクリストファー・ベイリー。)

その後、CERUTTIのデザイナーを1シーズン担当。
2002年、自身の名を冠したMENICHETTIを発表。
2004年からは、ニューヨークコレクションに発表の場を移している。

2005年、CELINEのアーティスティック ディレクターを1年間務める。
2009年、ニットブランドCrucianiのクリエイティブ ディレクターに就任。

 

Christopher Bailey / クリストファー・ベイリー

http://bocadolobo.com

1971年、イギリス ヨークシャー生まれ。

ウェストミンスター大学ファッションデザイン学科卒業後、イギリスの名門ロイヤル・カレッジ・オブ・アートで修士号を取得。
その後、ニューヨークへ渡り、DONNA KARANのアトリエで2年間働く。

1996年、GUCCIに入社。2001年までレディースウェア部門のシニアデザイナーを務めた。

2001年、BURBERYのクリエイティブ ディレクターに就任。

現在でも、自身のために新しく設けられた役職であるチーフ・クリエイティブオフィサーに就任し、デザインからブランドイメージまで統括している。

 

歴代デザイナー

 

WOMEN MEN
1856~ トーマス・バーバリー
1999~ ロベルト・メニケッティ
2002~ クリストファー・ベイリー







PICK UP

white Mountaineering ホワイトマウンテニアリング

White Mountaineering

相澤陽介が2006年に設立。

1977年、日本生まれ。
1999年、多摩美術大学の染織デザイン学科を卒業後、コム デ ギャルソンに入社。

Mila schon ミラショーン

mila schon

ミラ・ショーンは、1916年、ユーゴスラビア ダルマティア(現クロアチア)生まれ。

BALENCIAGAや、Christian Diorで服を仕立てるなど、貴族階級の家系で育つ。

NIKE ナイキ

NIKE

フィル・ナイトが、1964年に、前身となるブルーリボンスポーツ社を設立。

スタンフォード大学で経済学を学んでいたフィル・ナイトと、
オレゴン大学時代の陸上コーチであり、

comme des garcons コムデギャルソン

COMME des GARCONS

川久保玲が1969年に創業。

1942年、日本 東京生まれ。
1964年に慶應義塾大学文学部哲学科を修了後、

N.HOOLYWOODD エヌハリウッド

N.HOOLYWOOD

尾花大輔が2000年に立ち上げる。

1974年、日本 神奈川生まれ。
古着屋「VOICE」で働いた後、古着屋「go-getter」の立ち上げに参加。