BURBERRY, バーバリーの歴史, 歴史デザイナー

 

 

BURBERRYの歴史

http://www.vogue.fr

トーマス・バーバリーは、1835年、イギリス ハンプシャー生まれ。
1856年、ウィンチェスターストリートに洋服店を開業。

新素材ギャバジンを開発し、第一次世界大戦時のイギリス陸海軍のトレンチコートとしての正式採用、冒険家からの支持も集め、瞬く間にファッションにも普及する。
次々と王室からのロイヤルワラントも授与され、今でもアイコンとなっているバーバリーチェックも一大ブームを巻き起こした。

1998年、ロベルト・メニケッティがクリエイティブディレクター就任し、BURBERRY PRORSUM としてミラノコレクションに参入。

ブランド名も「Burberry’s」から「BURBERRY」に変更、アイテムの大半も変更し新生BURBERRYをスタートした。

 

Roberto Menichetti / ロベルト・メニケッティ

https://wiki.wildberries.ru

1966年、ニューヨーク バッファロー生まれ。
イタリア ペルージャのアカデミー・オブ・ファインアーツにて博士号を取得。

クロード・モンタナでキャリアをスタート。その後、JIL SANDERで5年間勤め、アシスタントデザイナーを経験。

1999年、BURBERRY PRORSUMのクリエイティブディレクターに就任。
2001年に退任。(後任はクリストファー・ベイリー。)

その後、CERUTTIのデザイナーを1シーズン担当。
2002年、自身の名を冠したMENICHETTIを発表。
2004年からは、ニューヨークコレクションに発表の場を移している。

2005年、CELINEのアーティスティック・ディレクターを1年間務める。
2009年、ニットブランドCrucianiのクリエイティブ・ディレクターに就任。

 

Christopher Bailey / クリストファー・ベイリー

http://bocadolobo.com

1971年、イギリス ヨークシャー生まれ。

ウェストミンスター大学ファッションデザイン学科卒業後、イギリスの名門ロイヤル・カレッジ・オブ・アートで修士号を取得。
その後、ニューヨークへ渡り、DONNA KARANのアトリエで2年間働く。

1996年、GUCCIに入社。2001年までレディースウェア部門のシニアデザイナーを務めた。

2001年、BURBERYのクリエイティブディレクターに就任。
現在でも、自身のために新しく設けられた役職であるチーフ・クリエイティブ・オフィサーに就任し、デザインからブランドイメージまで統括している。

 

歴代デザイナー

 

WOMEN MEN
1856~ トーマス・バーバリー
1999~ ロベルト・メニケッティ
2002~ クリストファー・ベイリー







PICK UP

Christopher Nemeth

クリストファー・ネメスは、1959年、イギリス バーミンガム生まれ。
キャンバーウェル・カレッジ・オブ・アーツで絵画を学ぶ。

卒業後も絵画を続けながら自身で洋服を制作、販売を始め、マーク・レボンとの出会いをきっかけに新進気鋭のデザイナーとして注目を集める。

Supreme

ジェームズ・ジェビアが1994年に設立。

1990年、アメリカ ウェストヴァージニア生まれ。
19歳までイギリスで過ごし、帰国後、セレクトショップに務める。

1989年、「Union」の立ち上げに協力。

JEREMY SCOTT

ジェレミースコットは、1974年、アメリカ ミズーリ生まれ。

ニューヨーク・ブルックリンにあるプラット・インスティテュートにてファッションを学び、
インターンにてジャンポール・ゴルチエのもとで経験を積む。

ALEXANDER McQUEEN

アレキサンダー・マックイーンは、1969年、イギリス ロンドン生まれ。

ギーブス&ホークス、アンダーソン&シェパード、ロメオ・ジリ等でキャリアを積み、バーマンズ&ネイサンズで舞台衣装の製作も手がける。

1998年、セントマーチンズ大学院に入学。

STONE ISLAND

マッシモ・オスティが1982年に設立。

ミリタリーウェアの持つ機能や素材にいち早く着目し、カジュアルウェアのデザイン、素材開発、製品染めを先駆けて行う。

1983年に、イタリア・トリノを拠点とする大手繊維メーカーGFTグループと合併。